Archive for 12月, 2008

クソゲーオブザイヤー

以下で触れるいかなるゲームも実際にはやってません。

糞ゲー、あるいはクソゲーとはなんぞや。クソの様な出来栄えの酷いゲームという意味でありますね。クソと言っても、何がどう面白いかという価値観は様々。しかしながら、最大公約数的と言えば良いかしら、多数の人々の罵声を浴びるにふさわしい酷いものは、やはりあるのでございます。一般的には「バグが多い」なんてのは致命傷ですかねえ。事前の「宣伝広報が嘘だった」とかも。風呂敷広げすぎた系ですかね。そしてゲームの内容が「ただただ、つまらない」と。内容の話になると、細かい演出がどうとか、動きがどうとかいう話も入ってきて混迷しがちですが、「ゲーム内システムの酷さ、不親切さ」はまた致命傷ポイント。バグはパッチで直る可能性がありますが、ゲーム自体違うものにはならないでしょう・・・。あとは「ボリュームの無さ」あたりも槍玉にあがるとこですか。「え?もう終わり?」みたいな。二回目以降面白くもなかったり。クソゲー掴まされても、「次いこう、次」ってポンポン遊べる人は困りませんけどね、「この一本!」に期待してた人もいるわけで、そういう人の深刻な嘆き、「酷かったねw」で住む人のゆるい笑い、非ゲーマーの部外者の趣味の悪い笑い(私のことかーっ!)が混沌となって、クソゲーオブザイヤーは熟成してまいりました。さてさて。今年罵られたゲームとはどんなゲームなのでしょうか。

本日で2008年も終わるけど、大賞が決まったと言う話はまだないみたい。いまではプレイ中の動画が配信されたりもするので、実際やらなくてもある程度リアリティを味わいつつクソか否かを判断できそう。あれ、そんな言われるほど退屈ではなさそう、とか。例えば『大奥記』はネタが珍しいし、不思議な動作もアクションゲームではないから慣れれば問題ないし、なんて感じでそこまで酷くないと思った。・・・買ってないから言えることばっかりだ。ゲームを買うなんて十五年ぐらいやってない。テレビだってないんだ!

というわけで家庭用とかコンシューマとか言われるゲームに縁がないのに、わざわざブログを書いてまでネタにさせていただくのが、「Janline」「メジャーwiiパーフェクトクローザ」プレイの様子はニコニコ動画で見ることができるけど、酷い。うっかり気付かなかったバグがリリースされるということはままある。しかしこのバグに気付かないなら頭がおかしい。これは見てもらえばすぐわかるので是非どうぞ。「Janline」のほうも動画がある。ニコニコ動画はアカウント必要だけど、youtubeは要らないのでそっちで見ることも出来るかも。ゲームの中身以上に発売OKという判断下した人のほうがバグっているのではないか?とも思うけど、いや、そこらは社会の複雑な事情を鑑みて、ゲームの不可思議さだけに注目しときますか・・・。買った人間でもないのにそんなとこまでは攻撃しない・・・つもりだったのに。

「Janline」は麻雀ゲームです。いいえ、実は違います。・・・麻雀知らない人はわからないだろうけど、修正パッチが配布されてもこれだというから凄い。開発者は麻雀のルールわかっていないのではないかな。オンライン対戦もゲーセンですでに「麻雀格闘倶楽部」と「MJ」の両シリーズが(多分)大成功を収めていてそこに割って入るにはそーーーーとーーーーなモノをぶつけなきゃいけないと思うんだけど、オンライン以前に麻雀が成立しない麻雀ゲームではどうにも。ランキングの集計とかあるみたいだけど。あと、一般的に麻雀て英語圏ではMahjongと表記されるのに「Janline」もなんだかね。掲示板も無くなってるみたいだけど、リンクをindex.htmlに張り替えただけ、ってのも凄い。ソースいじれるなら同じ行をコメントアウトでいけるんじゃないのか。firebugで実際にliタグ消したら、右端の枠も一緒に消えたのでその辺の用意が大変だったんだろうなあ。

「メジャーwiiパーフェクトクローザ」は今(2008/12/31 19:00~)公式サイトにアクセスするとIDとパスワードを求められます。こりゃまた椿事。ゲーム内容とかもういいや。

ゲームって製作にものすごいスキルが要ると思うのですよ。プロ仕様の数百万もするようなツールを使えばそこまで難しくないのかもしれないけど、だからってチェックしてないなーってクオリティでリリースしてしまうってのはどうなのかな。自分もむちゃな顧客の言い分にひいひい言ったこともあるし、こんなお粗末な結果の実態もまあそんなものかもしれない。にしてもさ。クリスマス狙いじゃないですか。何でもいいから市場に投げようとしてない?商売戦略として正しいけど、製作側で無理だからどうこうとか、政治に長けた人はおらんかったんかなー。そんなところばかり想像してしまって、笑うに笑えなかった、というのが正直なところだったりするんです。

クソイヤーオブザゲーム

トイレットペーパーがくさい

こりゃあ安いと喜び勇んで買ったトイレットペーパーなんだけど、ヘンな香り付きのやつだった。極めて不愉快な芳香で、まだ11ロール残っているけど末梢登録を考えているところ。捨てるとなればさすがにもったいないのでどうしようか。あるいは何か匂いを消す方法が?

化粧品も苦手な匂いが多くて、自分が男性でよかったとすら思う。あまりにヒドイ匂いの人が近くに乗った電車はつらい。鼻炎発動ならまだよくて、(混んでる電車に乗ることが多いのでちっとも良くは無いけど)めまいで下車するなんてこともある。タバコも嫌じゃ。ああああ生き難いですね。化学物質うんたら症ってやつですかね。

また無防備か!

精華町議会:住民の直接請求による平和条例案否決 /京都(毎日新聞)

こんなもんまだやってるのか!賛成ゼロとか当然過ぎる。鍵を開けて暮らせば泥棒が入る。通報しませんと宣言してれば世界中から寄ってくる。阿呆。ご近所の立川市がかつて(今も?)この運動に熱心だった。そして、三鷹市も管直人氏の人脈だろうか、市民運動的なものは結構盛んな感じ。ほぼ毎朝駅前で各団体が日替わりで演説している感じすらする。(あの白髪のおじさんは声も聞きやすくていいけど、なにぶん出勤時にのんびり聞くわけにも行かない。)で、無防備云々。別に見張っているわけではないからわからないけど、そんな演説もやってたような気がしなくもないような・・・うーん。不気味だ。まともじゃあない。

自分からは「んな阿呆な妄言に巻き込まれて死んでまたるか」ぐらいしか言う事もないんだけど、真っ当な政治的意見による反論はこちらが参考になる。無防備地域宣言運動への反論

ベーコン

にくにくにくにく。

ベーコンデザインが今年は流行る。つまり一週間ぐらいしか話題にならんだろうということで、今のうちに見ておいたほうがいいよ。

2009

やっつけ記事のブログは書かないこと。昔のアレ程度のクオリティを取り戻すこと。仕事も一生懸命やること。奇を衒ってひと時の脚光に酔わないこと。痩せろ。良識を持って生きていくこと。具体的な額面を設定して貯めること。長年会う機会のない人に会う、最後のチャンスにすること。27年前に離れた従兄弟とか、ネット経由でお目通りの適わない人とか。映画を一本でもいいから見ること。テレビは買わないこと。友人を減らさないこと、そもそも今いないなら作るとかしようぜ。

もっと写真を!もっと楽器を!規律を守ること。単純な連動に従すること。逃げる時は全力で回避すること。

思いつきでこういうこと書いて、あとでなんだっけ??となる割合を減らすこと。これは一生無理っぽい。