天然保湿

何気なく買った箱ティッシュを職場のデスクに置いて使っ・・・ったんだけど、どうもおかしい。鼻水が止まらない。原因はこのティッシュでした。天然保湿成分とやらがアレルギーを引き起こしていたみたい。勇気を出してちょっと匂ってみると、壮絶に自分には無理な匂いでした。使い切らずに捨てるのもなんなので、九割ほど減ったら捨てようということにしたんだけど、前述の通り却ってティッシュの需要が高まるので、一日半で消費したわ。

全ての、って訳ではないんだけど、化粧品の匂いがとりわけ鼻に来る。むずむずして、大量の汁が垂れてくる。酷いと頭痛もある。混んでる電車で隣にそんなの来たら降りる。一回それで遅刻しましたっけな。こんな特殊事情掲げながら人付き合いできるほど太くないので(神経が)基本的には黙る。今まで自分と会った人も、俺から直接言われなかった人は大丈夫。本当にどうしても無理なときはちゃんと言ってるので。・・・しかし、タバコも化粧品もペットも駄目って。

黙るなら書くなよ。そう、正論。なんでわざわざ書いてるかってえええと、対象がモノだからののしり放題だから。流石に具体的な商品名を出すのはためらわれるから名前は伏せるがマジで二度と使わん・・・。

とは言うものの。これが快適な人のほうが多いんだろうなあ。ちぇ。

バグ保険!うーむ。

面白い!と単純に思った。どんな優秀な開発会社でも「バグがあったら代金いただきません」までは言わないと思うし、それで不安がる客だったら「今はバグ保険があるんですよー(^^ 万が一当方のプログラムでお客様に損害が発生した場合はですねーその度合いに応じて保険会社から云々云々。」これで客足が伸びれば掛け金など安い・・・かどうかはわかんないけど。でも、実際揉めると、それは仕様だと喧々諤々の議論になるだろうし、さらにはバグ保険金詐欺なんてのが出てきたりして。

「・・・よって善良なる注意管理義務で以ってしても予見可能性はなかったので、当方に過失があるとはいえないのであります」なんてな。「しかし裁判長!!ここに被告人の購読していたRSSリーダの情報があります。これによりますと、被告人はこのバグをリリースの二週間前には予見出来ていたのです!」ざわ・・・ざわ・・・。

リスクの大きいものは保険の掛け金の金額もあがるってえモンですよね、一般的には。何が高くなるんだろう?デザイン変更とかは安そうだな。でもたとえばルーティング設定間違えてました~ってそれは【バグ】ではないような気もするし、ソースコードをごりごり書きましたってもの限定かなあ。じゃあコード量に応じて金額の多寡も・・・かな?[なんかそういうのあった気がする]あとはリリースまでのスケジュールとか。

保険金がおりたっていってもちゃんと修正できなきゃ意味ないなあ。保険金で解決しちゃうとその辺の責任っていうか曖昧になったりしてな。これ以上は取り留めなさ過ぎる予感によって〆