めし短観

大豆ミートのメンチカツをお買い上げ、オーブンで温めたほうが良いんだろうけど、レンチンでもいけるとパッケージにかいてあるのでレンチン。(´~`)モグモグ 悪くない。これはコンビニ弁当に入っている謎の揚げ物の味。ヴィーガンとかはこういうの食ってるのかな。明らかに肉ではない何かだけど、確かに肉っぽい何か。カレーとかビーフシチューも商品ラインナップにあるけど、そうなるとさすがにどうだろうか…。メンチカツのほかに、「ハムカツ」と「柔らかカツ」という商品もあり、ずいぶんと勝負したなという印象。通常、メンチカツのひき肉とハムカツのハム、ロースカツのロースの切り身は区別がつくが、このような特殊肉でメンチだカツだハムだと擬態されたら、区別がつくだろうか。でも考えてみれば…蒲鉾とさつま揚げは区別がつく。このぐらいには似たようで違うものになっているんだろうか?

https://www.itoham.co.jp/product/product/detail.html?pdid=1099

カレーライスからご飯抜いたらカレーなんだから、ハヤシライスからご飯ぬいたらハヤシ。ハヤシを作って食べた。ハッシュドビーフ…?知らない子ですね。hell’s kitchen見たご利益だろうか、玉ねぎの火加減が最高、やっすいオージービーフとしめじも最高でまじうめえ。デュルルルルルルルと胃袋へ滑落していった。合掌。

そう、「hell’s kitchen」は公式チャンネルがyoutubeにあって、ゴードン・ラムジーの切れ切れっぷりが堪能できる。毎回のように火が通ってないどうので揉めてるなあ、という印象。正直、塊の肉を調理するからそらそうなるだろ?と思ってしまうのですが、その辺うまくやるのが調理師の腕前というわけですね。同じくゴードン出演の「Kitchen Nightmares」もyoutubeで観れる。こちらはアメリカ各地の実店舗にお邪魔して様子を伺うものだけど、おおよそローカルのさびれたお店を訪問する。ゴードンが言うには、料理は総じて美味しくないものが殆ど。んで、衛生面で酷いことになっている店がなんぼでも出てくる。日本にもこんなテレビあったよねむかし。

https://www.youtube.com/c/HellsKitchenGlobal

https://www.youtube.com/c/kitchennightmares

かっぱえびせんの期間限定桜えび味なんぞ売っていたので、ついつい買う。味わいにそんな変化があったとは思えないんだけど…やめられないしとまらない。ただ、色が魚肉ソーセージ色ですこし気味悪くてううむのム。

根菜類を茹でたりする料理のレシピに「竹くしがスッと通るぐらい」と説明があったりします。料理人は竹くし常備してんのかな。うちは流石にそんなものない、焼き鳥屋じゃねーんだから…生まれてこの方箸を刺したりしておったのですが。ですよね…焼き鳥買えば良いんですね。竹くしゲット。竹はホンマに便利。成長も早いし加工も楽だし軽いし若芽は食えるし、爆撃機を撃墜もできます。

学び

condiments:料理に添えられた薬味とか、卓上においてあるような調味料

garnish:付け合わせ。ステーキの横のマッシュドポテトとか冷やかし程度の野菜とか。

sous-chef:スーシェフ。副料理長。ソース担当シェフではない。

スマホのバッテリーを捨てるには自治体へ問い合わせを

弊ブログとしては気恥ずかしいタイトルです。真面目か!

スマホから外したバッテリーは、量販店の店頭回収の対象になりません。あそこで回収してくれるのはモバイルバッテリーとかエネループなどの充電できるやつ。それも、リサイクルマークがあるやつだけ。また、一方で自治体のごみ収集の対象にもなりません。スマホごと回収するサービスなどはあるんですが、バッテリーだけが手元にあるときはどうすればよいでしょう。

自治体のごみ処理対応している窓口に問い合わせるのが良いです。具体的にあれこれしてくださいと、回答を得られるでしょう。自分のケースでは、所定の場所へそのスマホバッテリーを持参するよう指示があり、指示通り自分で持っていきました。対応した職員が一瞬( ゚д゚)はぁ?みたいな顔をしたのでよっぽどレアケースなのでしょうか。あるいは、不法に投棄する輩が多いのかもしれない。ひどい話だ。

「ミスター味っ子II」を読んで食べた

初代の「ミスター味っ子」は単行本で読んだ。自分が読んだのは、多分中学生の頃かなあ。懐かしさついでにwikipediaの情報をざっくり眺めると、どんな料理勝負したのか、ほぼ全部記憶にあった。好きだったんだねえ。最終回が妙にしんみり感動的に終わったのが印象的だった。

で、本作。Ⅱってどういうことよ。子供が出てくるのかwwwって思ったら本当に初代主人公の息子だった。初代に引けを取らず料理勝負に明け暮れるという作品。読者層が大人向けなんだろうか、農家の窮状とか過剰なサービス要求とか実店舗営業の難しさ、というトピックがちょろちょろ出てくる。前作のキャラクターもふんだんに登場して、Ⅱと名付けるに相応しい内容。おっさんホイホイですわね。自分が初代を読んでから30年たったわけだし。本作クライマックスの「長い…夢を見ていたようだ…」というセリフも初代を読んでいれば心に刺さるひとこと。

さて。

おっさんになった今。30年経った今現在、まさか一人で暮らしているなんで当時は想像もしてませんでした。ぴえん。でも今では好き勝手に材料を買う事も出来るぞHAHAHA。本作のメニューを何か真似て作ってみるか?なんて欲が出てきた。ただし、作品の設定上、魔法のように食材が沸いて出てくる。聞いたことも無い特殊な高級素材や調理法、器具がやまほど出てくる。だから、そんな本格的に真似できそうにはないんだ。それでも、作中に出てきたもので形だけでも真似できそうなものないだろうか。

ネギ油でネギと豆腐を炒める。本当に明日にでも出来るけどそういう事じゃないんだよ。初代も読んだんだし、幅を広げてそっちからも何か…というところで、初代でもⅡでも登場した料理があった。おこげに中華あんかけをかけたやつ。米を鍋で炊けばおこげを作るのはできるけど、面倒くさいし煎餅でいい。あんかけは中華丼の素で良いじゃん。まな板すら使わず味皇を吠えさせることができるぞ!

本当に作る由

画像も動画もないのは仕様です。

まずは煎餅から。選び放題だけど、お米の焦げた感じに近くないとなあ。まずは米じゃないと。南部せんべいとかポテチとかおからクッキー脱落。玄米フレークなんかも除外していこう。えびせんいかせんたこせんは、うっかり優勝してしまう可能性があるので次の機会に。濃い醬油せんべいも、あんかけを前提に考えると違うかなあ。たぶん揚げせんべい方面がよいのかね。じゃあ歌舞伎揚げか?少しでもアツアツ、できればあんかけでパチパチ爆ぜるほどのものが用意できると遣り甲斐がありそうだ。油分の多い揚げ煎餅ならレンチンに耐えるのでは?いや逆にだめかもな?

コンビニによく置いてある「しゃり蔵」とかいう煎餅が米の感じがあって良いけど、もうちょっとサイズが大きいほうが良い。サイズ感に関しては、まずは箸で食べるのを目安としてみよう。同じく亀田製菓の「手塩屋」が良さそうだけど、食べたことがある。今回の用途には、うまみがありすぎるかな?

この時点で迷いすぎて、「レンチンご飯をいったん食べれる状態にしてからフライパンの上で押しつぶし、そのまま加熱して焦がす」という方法を思いつく。これもうっかり優勝してしまうので、今回はあくまで既製品の煎餅でいってみよう。ネットに情報を求めると、これという商品がある。しかしご近所にないので、やめた。適当にそこらでお買い求め。

中華丼の素のほうはあまり選択肢がない。それこそ、そのへんで売ってるもので。味にはそんな期待はできないと。ところがこいつをパリパリの煎餅と一緒に頂くとですね!別に美味しくありませんでした。中華丼のレトルトの弱さ。長崎ちゃんぽんの麺とせんべいとりかえるような方法で頂くとまだマシかもしれない。

本書のように希少で高級な材料を並べなくとも、手間暇かけて作らなくとも、メシはうまい。料理は愛情との金言もあるが、愛情がなくともうまい。犬や豚、人参にキャベツをも手懐けた、人類の執念が薄汚れたキッチンで結願した。楽園を追放されたあの女の罪は、美味い果実を選別したという事にある。

twitterアカウント作りました

このサイト用のアカウント作りました。いわゆる業務用と言いますか。唐突ですが、今更ながら持ったほうが良いかと思ったものでして。中の人の個人的なSNSとしては使わないつもりでいます。twitterアカウントお持ちでしたらぽちっとフォローしてやってくださいまし。

https://twitter.com/mogarinarinimo

めし短観

蕎麦を沸騰した湯に放り込んで、冷蔵庫を開けて麺つゆを取り出す、と、冷蔵庫の中のなめこが目に入った。大根おろしなめこにするつもりだったが、今なら湯も沸いてるし、なめこ蕎麦に変更。麺が茹で上がるころあい、箸でつまんでそのままどんぶりに移す。つまりこれは、お湯を使いまわす算段であります。そこになめこ投入して一分もかからない、今度はざるにどばー。蛇口からの放水で雑に冷やし、返す刀でどんぶりにどばー。世にも珍しい、かもしれない、アツアツのなめこ蕎麦ができあがった。うまくもなければ、まずくもなければ。

なめこといえば。つげ義春の作品だったと思うんだけど、なめこの炊き込みご飯というものがあるらしい。宿の女将が作者に勧めたものだったような…。経緯は兎も角、そんなものがあるのかと、ググる。ある。ご飯を炊くときに出汁となめこを入れる、というワンライナーレシピの簡素なものだ。考えてみれば、山菜セットみたいなスーパーで売ってるパックで炊き込みご飯を試したことがある気がする。なめこ単体かあ。次に米を炊く機会があればやってみようか。

柿ピーの「超辛いワサビ」なる商品があったのでお買い上げ。確かにワサビが強烈だ。…当然ながら、それだけという商品。ホヒーとか言いながらこういうの食べるの楽しいじゃないですか。

10年は過ぎましたかね、炭酸水が世に流行りだしてから。甘味を加えず風味を追加する商品がぽちぽち登場して、すん…と消えていくのが残念ではあります。最近買ったこちらがお好みでした。実は日本企業だぜウィルキンソン。うっすら生姜味。でもねあなた、450mlってなんだよ1割減ってるじゃねえか。日本は末法が到来しております。

台風でコロッケ食うなら、円安で何か食っても良きかな。しかし経済にはうといので、ドル円相場だけしか耳にすることもなく。じゃあ連想されるアメリカの食い物を何か頂きましょう。などと。ピザハンバーガーホットドックパンケーキ牛乳かけて食べるシリアルコーラ…フィラデルフィア銘菓のおくすり…。いまいちピンとこないね。「まんじゅうこわい」は饅頭じゃなきゃだめなんだ、と談志は語ったらしい。これは”そういうもの”なんだって。台風とコロッケの組み合わせに合理的な意味もないけど、コロッケじゃなきゃあダメだという理屈が一瞬で出来上がった。ネットスラングのジョークをそこらの商売人が取り入れた結果であって、そこに大義もない。売るにあたって何かをこじつけようという、商人のおしごと。この清々しさは、恵方巻の喧騒よりはるかに構造がマシだと思う。で、円安においてはやはり「遺伝子組み換え食品」を食うのが風情がありウィットに富んでアイロニーが薫るこの十年で一番の出来。趣旨と道理。さあ具体的に何を食えばいいのだ。プリングルズとかドリトスあたりは怪しいか。米国産豚肉なんかもどうかな。

季節の移り変わりに合わせて何かを食うイベントがあり、台風に合わせたものまであるなら、世界情勢や経済事情に合わせためしがあってもいいんじゃないか。それが「AWSが落ちたらかまぼこを食う」みたいな意味が分からないことでも、続けていけばそれは歴史になる。実践は任せた。

にんにくポン酢というポン酢があったので、試しに買ってみた。ちょうどカツオのたたきを買ったところなので目に付いたんだけども。美味しくなくてびっくりした。醤油小皿ひとつぐらいの消費でもう嫌になってしまった。ニンニク味でもポン味でも酢味でもない。弱ったねこれは。にんにくの臭気はとても強烈だけど、普通はあれを良いにおいと認識する。本品の臭いはどちらかと言えば「ごっきーホイホイ」に近い、生ごみになりかけた玉ねぎの臭気に近い不穏さがある。おろろん。

ロックダウン状態にある上海で配給された食品が、何故かタケノコだったとニュースが流れてきた。あまりに巨大になっていて、もはや食べられる状態ではないのでは?との意見も多数。仮に食べられるとしても、タケノコ渡されても困るのではないかなあ。