Archive for 10月, 2016

三浦九段竜王戦出場停止

事件と言えば事件なんだけども。

電王戦というイベントでブーストした事で将棋ソフトの恐ろしい強さというのは皆の知るところとなり、プロも認めるところになった。なったどころか最上位の実績のあるポナンザなどのクラスのソフトの強さは、文字通り人知を超えているというのが将棋ファンの見解の一致したところ。

さらにそういったソフトが一般人でもそこそこpc周りに強ければ大したコストも払わずに使う事ができるやうになり、世間にはスマートフォンが溢れた。さて。

アマチュアの、、、、というか、インターネットで対戦するような将棋ではソフトを使っての不正行為はかなり昔から問題とされ、対策や処分が為されていた。そもそも、こういう対戦形式では相手が目の前に居ないどころか周りに誰も居ないのが普通になるので、簡単にソフトを参照できる。ソフトを頼りにして指し手を決めればそれはもうソフトの強さと同等である。これではそもそものサービスの質を損なうので、こういうインターネットでの対局を運営する人たちは何らかの対処をしてきたのだ。

よく言われるのが一致率というやつで、ある対局の棋譜が、ソフトに対局させたものとどれだけ一致するのかという指標となる。将棋の複雑さから考えて、たまたまで一致するような事はない。そら上級者ほど上手い手を指すもので、それがソフトの算出した上手い指し手と一致する率は上がる。それにしてもソフトはもう人知を超えており、こんな一致することはねーわ、という判断になる。

プロのレベルではどうなの。

プロになれば対局の様子は必ず第三者が目にするもので、そんなコンピュータ持ち込んで不正など難しい。だけどスマホでもそれができるなら?つい最近チェスの世界でトイレのスマホとモールス信号でソフトの情報を得ていたという不祥事が報道された。チェスはもう何年も前にコンピュータが人類を超えていった世界である。要出典。

今回の件を悪魔の証明云々と言えばそうかも知れないが、プロの話なのでねえ。ドーピングは検査拒否したら黒みたいな風潮で良いと思うんだ。まあ、検査の方法も用意されてない現状がよろしくないのはその通りなんだが。今までは棋士がカンニングするような情報が無かったからねえ。リスクしか無かった訳だけど、現状は冒頭に書いた通りよ。

何にせよこんな思い切った事になったからにはそれなりの証拠は揃っているだろう。もし具体的に出てこないなら、こーいう場合大抵は匿名の内部告発というのが定跡だが果たして。勿論それにしたって証拠は要るだろうけど。

兎に角将棋連盟がどう自体をさばくのかに着目したい。それこそコンピュータには難しい、人間のお仕事だもの。

「レクイエム・フォー・ドリーム」を見た

例によってネタバレです。

少し前に後味が悪い映画ということで、ミストを鑑賞して、なかなかに面白かった。今回もそのテの映画という評判によりこのレクイエム・フォー・ドリーム(Requiem for a Dream)を見てみるかと。

ドラッグに関わり人生から滑り落ちていく人たちの悲劇、という大筋なんだけど、その味わいの悪さは評判通りで、なんでこれは映画として出来上がったんだろうかと。劇場でこれを見た人はどんな家路につくんだ。まま他にもいっぱいそういう映画はありそうだけど…。

この作品を通じてドラッグの危険性を訴える…という雰囲気でもない感じなんだ。淡々とドラッグなんかにはまるとこうなりますよ、という映像表現に凝った再現ドキュメンタリみたいな雰囲気をと言えばいいのかな。映画の登場人物に対して、悲劇の主人公として憐みの視点があったような気もしない。まあお前らそらそうなるだろうよ、といった感じか。

たまたま買ったのはデラックス版なのでメイキングとか解説のコメンタリーも見た。これで凝った映像の仕掛けなども監督の口から語られると、なんともお得感。良いカモだな俺も。そのコメンタリーでこの作品のテーマはドラッグ禍という一言ではないことが告げられる。人生においてこの映画の登場人物のようになってしまうことは確かにある。あり得る。ドラッグが関係なくとも十分に。何かしら必死に繋ぎ止めようとしているのに綻びは大きくなる一方で、どこからも理解は得られず背に腹は代えられない思い切った決断は、あっさりとカモ扱いであしらわれる。

書いてて自分のリアルライフの事象が思い当たってイライラしてきたわfuck!!!!!クスリはやってません!!!!!!!

作中の銘々がお薬を止めようと心に思うシーンは「映画にスピード感がなくなる」という理由で本編からカットされている。自分が先に書いた、憐みの視点がない、という感想もこれかな。本当はやめたいんだけど苦悩している、という場面が具体的にはない。しかし思い返して見れば、作中ではもっともっと具体的に誘惑と戦う人の物語が並行して進んでいて…。

コメンタリーもたっぷりついていて、流石にそのためにもう一回90分かけて見直そうとは思わないけど、裏話というか「意図したところ」みたいなものを作った当人たちから聞くと一つ一つの場面が味わい深くなるものなんだよな。…おれはネギ付きのカモか。結局コメンタリーも殆ど見たのでもう出汁と薬味もついてそう。このお母さんエクソシストのお母さんなのか!なんという驚きもこういうコンテンツの楽しみだな。次に見ようと思っている映画の「この森で、天使はバスを降りた」にも出演している。おお素晴らしい。鴨葱出汁薬味甘味次回御予約ぐらいまでいってるな。

コメンタリーが随分長々としっかり話すのでこれが手品の種明かしと一緒で、ずいぶんと感心することしきりだった。映画に完全に取り込まれていたということが晒される。何かが何かの比喩だとか暗示だとか、取ってつけて適当な事言ってハクつけてんじゃねえよ、なんて無礼なツッパリをかますこともできるけど、なるほどそれは納得だと受け止めてみれば良くこんなことを仕込んだものだという工夫がちりばめられている。音響、照明にもふんだんに。

なんかこの映画とは直接関係ない感想が多くなった。この作品にはよくありがちな何か頑張っていれば報われるみたいな場面がない。見て後味の悪い映画、という評判に偽りはない。凝った部分もあって、良くできてるんじゃないかと思う。ただ、感想に困る。映画の感想というのは面白いか、つまらないかの二択で十分と思ってる。こういう感想文書くのは脳トレみたいなものなんだけど(にしては真摯に書いてないというご意見はなしで黙れこら)面白かったです!では何かこう物足りないと自覚がある。しかし言葉に存在してないのでしゃあないじゃないか。何か言葉を作っていいのか。だったらこの映画の感想はo͍̫̥͖͉̬͍̠̐͌͞ḵ̶͍̼̽̂̎̐ͫͮe̸͍̭͈͔̣̦̮̎̾̆ͫͨ̅̀ ̢͇͖̟̟͔̱̫͙ͭ͑ͧt̯͔͌̏͜h̵̛̖̩̫̳̠̭̃͑̐̊ͣ̂̚͟e̴͚̭̥̜̙̠͈͉͉͊ͥͧ͑ͦ́ ̵̘̜̥̗̽̋ͥ̀hͪͤ͗̆̔ͫ̋͏̵͏̪̮̩̮̖i̧̛̜̾́͒̚v̈́̈́̿̀̄͏̥͕͍̯͍̙͍̰̕ȩ̡̭̬̲̤͕̃͗̕ͅ-́ͫ́͏̞͚̠m̲̖̈́̄̅̒͟i̳̻̠͔ͯ̌ͦ́̀͟ņ͙̬̯̹̱̤̰̹̈́̇ͬ̊́̏̌d̨̖̟̥̱̤͇̦͔̳̾̐̇̌ͦ͟ ̫̗̰͕̫̤͓̥̓ͭ̓̔ͥͦ̃̄͛r̸͖͆̇ͅę̴̗̲͓̳̭ͮͪ́p̪͈̺̮͉̘̰̗̑̿̅̽ͩr̥̻̠̀ͫ̇̐̓̽̿͌͝e̶̻̯̲͖̼̦̅̒͊̈́ͅş̡͚̼̲͉͋ͤ̄e̢̛̮̘ͣ̈́̊͗̾̇͊n͉̦͙̯͎̳̿͋̀̀ͮͅt̵̴̴͈̳̮̩̥͕̻̻̓̑̌̾iͣ̿̒ͥͮ̆̌̉͏͇̝͜ͅn̫̘̤̞̫̯̰͛̀͆̓̃̑g͖̝̠ͪ̎̿͑͊ͭ͡ ͕̲̯͉̩͖̦̗ͨ̏̇̕c̒̓́͊̉̾͏͖̞̹̳̞͞h̢͎̥͍̲ͤͭ̃̈́ͩ͞a̤̺̹ͬ̆̃̊̈́͂ͤŏͤ̓̑ͭ҉̸̻̯̜́s̵̮̞̙̰ͤ͒͋͂̽̚ͅ.̃̋̂̔̒̃̕͏͔̟͔͖̤ͅ
̧̣̙̞̤̱̱̭̪͈͒̌̋́ͬ̇͐̃͂́I͊̄̈́̔͛ͣͧ͏̫̹̝̦͈n͔̰͙̤͙̣̪̣ͤ͝͝vͦͥ̐ͥ̅̌̔̚͏̻̪̟͉͎̥̬̻ȍ̲̜̝̘̼ͦ̄͛̇̊ͬ̎͂̀k̬̭͍̲̪̱̱̪̑ͭ̒̀͢iͧͫͦ̄̽ͩ̅́҉҉̷̜ṅ̗͓͇̎̂̊ͥͭ́g̵͔̲̠̳̺̝ͯ̊̔͌ ̟̙̹̰̽̌ͣͣͮ͢͜t̟͗h̶̡̪̺̖̭͒ẹ̵͛̃ͬ̀̉̌̓͟ ̠̹̤ͬ̌̉f̶̛̦̥̲͍̱̜̂́͐ͥ̋̅e̷̢͔̣̟̽͂e͊̃̇͒͘҉̩̲̘l̷̛͍̤̘̲͙͌ͦ̑ͬ̾̀̆ͣi̗̳̲̰̞̫̫̣̇ͫ͡n̢̬̪̫̟̪͉ͦ̔̆͟ͅͅģ̛͍̩͈͖̆ͤ̍ͧ͠ ̱̼̳̙̟͖̰̿ͮ̈̀͠ớ̰̯͚̣̲͌̅ͩ̎̊͗ͬ͋f̸̵̟̭̯̞̺͙͂͜ͅͅ ̞̍͂̃͑̿́͘c̤̭̭̳̖̤̬̿ͩh̭̮̪̐̀͋͘͡á̵҉͉͖̬̭̪͟o̶̰͎̪̝̼̗̭̓͑ͬͅs̩̭̲̼̘̘̫͊́̔̓́.̝̤̱̟̫̻̩͓ͧ̽̿ͨͧͦ̊͜
̣̖̹̘̳̯̩̏̊̅̍̾W̪̘̜͍̪͔̾ͭ̾̂î̙̞̜̟̯ͣͅt̮̼͈̆̈̓͗̍̄͗͞h͓̰̥̻̲͇ͧ̑̊͑̚o̧̟̦̪͉̙ͥͬ̈ͣͮu͇̙̱̠͋͒̏̍͝ͅț͆ͫ͊ͯ͝ ͙̟ͣ̾̀̚ō̵̧̝̯͌̌ͦ̅͢r͈̗͎̗̜̬͊d̗̟͇̫̳̲͙́̅͘͜e̗̥̒͜r͚͇̪̺̿͗̍̀̕͢ͅ.̻̬͖̩̻̭̜̬͍̂ͧ͗͑́͜͢
̜͓͔͉͈̮̠ͭ̃̀ͣͦ̊͂T͕̼̜̩͊̿ͬ͌͟ͅh̸̢͉̯̣͍̲̙͚̃̾̌̑ͮͬ͞ě̳̥̠͘ ̛̱͓̗̤͎͑͛̽N̮̝̖͓̭̄͊̀̅ͦͤͧ̀͡e̔̽͗̄ͧ̔̑҉͖z̞̠̰̖̣͂̌ͧͮ͗͗͘͘͠ͅp̶̛͎͎͉̞̥̲̪ͣ̓̀ͧ̍ͅe̿ͪ͆̉ͫͪ̚͏̨̼̳͇̩͖r̈ͭ̉̄҉̡̞͢d̢̬̯͈̰̮̱͇ͦ̈͠i̶̜͔͙͈ͤ̿ͪ̈́ͬ͊͛͌̚͘a̸͙̬̗͌n͈̜̑̎̐͝ ̧̮̼̜̞̞̐̈ͤ͗̊ḫ̵̡͈̹̹̗̭͇̥̇͂̔̀̐ͯi̵̛͓̼̥ͬの一言につきます。

ところで最後のほう、モロにチンコ映っててえええって思ったけど、どうも場面から考えて”本物”ではないよな。双頭のアレだろ。アレ。

アレの話で〆。

大四喜

年に一枚ぐらいは新作の音楽CD…というのはもう古い話なのか。データでも良いけど、兎に角音楽という文化の新作を賞味するというのを半ば義務のようにしていたのだけど、今年は何もない。年が暮れるまでもなさそうなので、何となしに選んだのがこの一枚。

宮村優子「大四喜」

「だいすーしー」と読む。麻雀用語ですなあ。生涯麻雀を嗜んでいるような愛好家でも上がったことある人は稀の筈。声優として著名な方らしいが、存じません。戸川純とか平沢進とかの名前が見えて、このアルバムの存在は知っていたので…このタイミングでお買い上げ。

こういう言い方はなんだけど、特に嫌うでもなく惚れるでもない感じで感想に困る。宮村優子という人物が元気そうなのは伝わった。ただ、「秘密結社~金曜日の黒ミサ」という曲だけ耳に覚えがあったのはなんでだ。これは戸川純が歌ってた「ラジャ・マハラジャー」がみんなのうたで放送されたから覚えがあった、と同じパターンか。

まあそんなところです。…やはり今年中に新作を何か買う方向でいこうか…。

エアコンのいない夏

今年の夏はエアコンが故障し、扇風機で乗り切った。乗り切った、といってよいですよね、流石に夏も終わりでしょうよ。これより気温は下がる一方であることは自明…。あゝ乗り切った。

エアコンがないこと、扇風機があることで何が変わったのか。暑かった。いやそれはそうなんだけども、折角なんでなにか書くかあ。

日々の暮らしは、朝に仕事に出かけて夜に帰ってくる。今までのエアコンの使い方を考えてみると、帰宅後に緩やかに冷やし、風呂上りに短時間ガツンと冷やし、あとはまた緩やかな冷やし方にして、あとは基本的にはスイッチを切ってから寝る、という具合。設定温度は24から25ぐらいと思われる。風呂上りとか22度ぐらいとか?もう忘れてしまったが、兎に角強く冷風が出ればよろしい。

元々PCの稼働率が高いので、それなりの熱を発している自分の住まい、エアコンがないことによる室温の上昇は実に著しいものがあった筈なのだけど、具体的なデータはない。日当たりも良くはない自分の住まいは正直夏に向いてはいるのだ。夜の涼しい風もなくはない。けども、窓を開け放しで就寝するわけにもいかない。扇風機を付けたままというのもどうだろう。体に当てたまま寝るのは健康に良くないだろう。一時間ぐらいで止まるタイマーで寝るという夜が続いたのでが、止まった後は下手すれば30℃ほどの夜を過ごしたのかしら。そら汗もかく。暑さで眠れないとか、目が覚めるという経験もなかったのだけど、今までにない汗だくの朝を迎えることが毎晩。結果、寝具の更新もすることになるんだけど。それはまたいつか。

このままエアコンのない冬を迎えることになるのだろうか。この部屋、前述のとおりに夏の暑さはそこそこ耐性あるのだが、冬はとても寒い。こちらのほうが健康状態には悪影響が大きそうだ。さてどうしたものかしら。

ところで、扇風機は冬に用なしであればしまわなくてはならない、という当たり前のことを考えてなかった。あの形状のものを入れるスペースが押入れにない。部屋の隅に置いたまま、来年の夏を待つのだろうか。つーか来年もエアコンなし??うーん…。