またビジネスホテル云々って日記を書くところだった。俺にはそんなに特別なイベントなのかビジネスホテル。日が昇る前にチェックアウトして、とぼとぼと歩く。東京の夜明け前の雰囲気というのはまた格別なものがある。あれは何とも説明しがたい・・・。そして日が昇るころになると、どんな嫌々なことでも、なんだか希望が沸いてくる。太陽すげー。日光すげー。

amazonでデカイもの立て続けに買ったらダンボールで玄関が埋まった。イスと布団なんだけど、イスを粗大ゴミとして捨てる手続きをしようとして、ひとまず玄関においたんだけど、キャスターつき背もたれなし肘掛なしなので移動型のテーブルというか台として使えることに気付いた!いまは野菜を入れているダンボールを、そのイスに乗せている。案外便利だ。邪魔なときは押せば良い。

粗大ゴミ廃棄第二陣。使ってない布団たち。こいつらが死ねば押入れには永遠の秩序が訪れるがなんで10年も放置したのか・・・。うーし捨てるぜ捨てるぜ。

春っぽくなりつつある。今年は一人でもいいから花見するわ・・・。ご臨席は大歓迎ですので連絡乞フ。

間があいた。さて何を書く。

粗大ゴミとして押入れで死んでいたギターなどを処分した。炊飯器の買い替えは炊飯器をあまり使わなくなったので後回し。でも腰にダメージが来たので椅子の買い替えは済ました。済ましたが、昨日到着した、組み上げ前の物がハコごとおいてある。いまからゴソゴソ組み立てるよ!

「キッチン・コンフィデンシャル」読了。これは傑作であるのー。

客先業務で深夜に対応する必要があって、それは俺ばかりの話ではなく、各所属から数名ずつ必要な大規模なもの。結局担当になる人間はビジネスホテルを利用することに。・・・ビジネスホテルって昭和の香りが色濃いところ多くて好きだ。特に新しいものを取り入れる必要も少ないからだろうなーと。だからって五人ぐらいしか乗れないエレベータ一基ってのもどうなんだよ・・・。

雪の日に早めに出勤したが交通機関にほぼ影響はなかった。早く着きすぎてぼんやりしただけだった。あの降り方じゃ凄いことになるなあと思ったけど、みんなの靴が濡れただけだった。

いやあ眠いね。

「キッチン・コンフィデンシャル」がすごく面白い。

また生活用品の買い足しが続く。これで椅子も買おうとしているのだから、スーツ新調の予算がなああああああい。粗大ゴミ拾う時間もない、というかそこはアレだ。

拾う以前に自分の粗大ゴミ捨てないとなー。