隣のではない芝生を刈って家具でも出てこねえかと勘繰ること

冬の間お散歩をサボっていたら体重が徐々に増加していって、やばい。まだ朝晩寒いけども、お散歩に出ることにした。せっかくそういうことする時間あったのに寒い理由で全くおさぼりしてしまうのは勿体ないの一言だが、まあ性格なので、と人として最低の言い訳に逃げる。

お隣が朝からガリガリと工事の音がうるさい。数名ほどで作業しているようで、何やら指示の声が飛び交い、結構大がかりな改装でもしているのかと思ったが、賃貸アパートの一室で住人がそんなことやるのか?と思っていたら、ふと昼過ぎにみると、もぬけの殻になっていた。いまどき都内の賃貸でご挨拶も珍しいし、すれ違ったら挨拶するぐらいしか交流もなかったからなーまあこんなものかと。お子様二人の夫婦では手狭になったのだろう。間取り的に自分が住んでいる部屋の単純に二倍ほど広い上に駐車場付、お値段によってはいい物件なんじゃないかね。ああ、この隙にお隣との境界でどうしたらよいか迷っていた草むらをどうにかしよう。鉢植えもなくなっていたから、残っているものは即ち雑草であり、勝手に処分してもよいだろ。まさか大家も不動産も文句は言うまい。

何か家具でも残していってくれないかなって期待するのはいつもの事なんだけど、きれいさっぱりなかった。惜しい。別の部屋の人は粗大ごみとしていろいろ置いていったけど、あれなんかの手続きミスとかで回収されなかったらどうなるんだろうか。引っ越した後で引っ越し前の住所で粗大ごみ処分できる?まあお役所の業務だからできなそうではあるよね。

毎年見かける、いかにも「地方から来てアパート探してます」という親子の姿を見かけなかった。たまたま、なんだろうけど、今時は一人で探すもんだろうし、ルームメイトという選択肢も自分が東京に来たころに比べたら格段に広まった筈。おとーちゃんが厳しい顔をしながら物件定めている、なんてもう古い。

次の夏ぐらいになれば、人生の半分を故郷で、残りの半分をここ東京で過ごした計算になる。…もう何回か書いた気がする。あゝ思い起こすことがもういつも同じような事ばかり。何も解決せずに生きている。よろしくないとはわかっているのだが、なにぶん怠惰なものでして。文章書くのも集中してできなくなったなー。劣化ばかりしている、そういうお年頃になったというものです。

惨めであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)