災害にスマートフォン

カップヌードルライトが50個ほど届いて??となった。いや間違いなくオーダーはしたのだが、カップヌードルライトにはノーマルとシーフードとカレーがあって、それぞれ頼んだつもりが、全部同じ味を頼んでしまったようだった。でもま、適当に具材を足して食べるのが楽しいわよね。例えば乾燥わかめを少量いれてからお湯を投入すると手間もなくて栄養的にも良い感じ。

雨は凄かったねー。高層オフィスなどでお世話になっていると雷ぐらいはさすがにわかるけど、雨の程度なんてまったくわからないもの。ついったーで情報を集めながら帰路、水に浸った各所の画像はユニークではあるけど、やっぱり怖いよなー。

地震のときの体験からスマートフォンにすることを決意wしたんだけど、やはりすばらしいわこれ。実際に東京がふっとぶ地震が来たときにも機能するかはちょっとあやしいけど、通信以外が機能するならばそれだけでも十分やくにたつ。最近では充電式のバッテリーなども持ち歩くようになった。すまふぉ様様やでほんま。

さ”む”い”

なんだよ一気に寒くなった。そぼ降る雨。太陽に焼かれては恨み言を言い、雨に打たれては恨み言を言い、雪にコケてはまた恨み言。天気ぐらい軽く受け流せんのかね、という傍から揺れている。どうなってしまうやら・・・いやいやマジで。

折りたたみ傘が骨の数本も折れたことだし。そろそろ寿命かしらと思って、おにうを買うも、いまいち・・・。三つ折りは小さくて軽くて、でも開いたときも小さい。当たり前なんだけど、もっと直径が大きくないとなー。カバンに忍ばせる臨時としてはこれで由とするかしらヨスヨス。

ザワークラウト!!初めて買った!!マズイ!!

あ”づ”い”

「暑いね」「いやほんと暑いですね」という挨拶でも笑みがこぼれるのが日本の心ってもんだろよ。心から一言、暑い!ボケっ!くそがっ!

節電どうのと言い出してから五ヶ月。通りの暗いのにもすっかりと慣れた。冷房を自重するという脅迫めいた話も、却って工夫を引き出したんだろか、そんなに強烈に酷い目にあってるなんてことは身の回りでは耳にしない。でもま、探せばいくらでもあんだろなー。空調で節電ってわりとまともな判断に思えるけど、人類史上最悪の事故にならなければそんな話にもならなかったわけで、こんなもんオービスの前で速度落としているだけで、過ぎればまた走り出すんだろう。走り出すパワーが残るのか、というのが目下の課題かしら。ま、残りそうにないよね・・・。没落していく我ら・・・嗚呼。涼むことのない生涯が待っています。耐えられるのかしら。政治だって人類史上最悪と名高いわ。あーあ。