雑記

お役所に出す書類も「家で印刷して窓口に持ち込む」で良いパターンがある。書式が揃ってれば、役所が印刷したもの窓口において書き込んでも、家で印刷して書き込んでも一緒だ。記入する内容まで家のPCで入力してから印刷すれば、あとは持っていくだけ。書きごごちの良くない低品質なボールペンで立ったまま小さい文字を書かなくて良いだけでも、ずいぶんと快適。入力がブラウザからできたりして、本当便利になったもんだ。

どのぐらい時間がかかるのか不明だったので、早めに到着。苛烈な暑さだが、周囲に日陰が豊富で助かる。窓口前には先客と思しき人が並んでいた。その後ろにつけるのも気まずかったので、やや離れて物陰にぼんやりと佇む。同じようにしている人数名。やがて受付開始の時間になったのだが…周りの人々にあまり動きがない。みなさん同じ件ちゃいますの?ほどなく、職員っぽい人が出てきたので、のっそりと近付いて要件を告げる。2番手。なにかこう、職員の注目が集まっているのをひしひしと感じるも、家で準備は済んでいるので、用意してきた必要書類を出すだけ。想定よりかなり早く手続き完了できた。早すぎて、寄り道するような場所も開いてないな。直帰。ハーゲンダッツ買ったったった。

実績解除:令和十三年の空へ (ドゥゥゥン

キッズの夏休みもこういう世の中の事情では退屈だろう。昼休みにスーパーなど出かけると、お父さんと子供という組み合わせを目にする。リモートワークの昼休みにお子さんを連れ出したんだろうか。お母さんには内緒でモナ王とか食うと宜しい。

中島らも。故人である。その作品を読んだこともないのに、昔から名前は知っている。たぶんVOWの定番ネタじゃなかっただろうか。新聞の見出しなんかで「誰彼もまた〇〇である」という意味の「らも」が使われると、その誰彼に中島姓が含まれた時に、中島らもが登場するという笑いだ。

全日本オープン:青木、尾崎、中島らも最終予選通過!

マンセル、プロスト、中嶋らもピット走行でトラブルか

顔も知らないな、ということで、大手動画サイトで探し回ったりするさ中、関連動画に吾妻ひでお・西原理恵子が登場するイベントの動画が発見される。十年近く前の動画だ。吾妻、西原(の亡夫)、中島らもアル中。もう吾妻ひでおも故人だ。失踪日記も読んだ。序盤のサイバラのトークだけでも興味深い。こんな状態で「毎日かあさん」を発進させたのか。西原は偉人だな。でも素直に納税しなかったので偉人枠から奇人枠に無償トレードされた。後で観よう。

大手ショッピングサイト付随の電子書籍サイトで中島らもの本をお買い上げ。無料枠にじゃりン子チエがあったので読む。とても好きな作品だ。みな、ただただ阿呆みたいにキッズの時分を過ごしたけど、それでも自分なりに思い悩んで考えて、その一方でまた、名前を知らんような人にも陰で目をかけてもろうて、世の中に旅立つことができたやんか。ぬくもりいうんは記憶から伝わってくる体温やでホンマ。その記憶同士を巡らせていく必要があるねんな。

買い食いしたアイスの味。

九月。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)