昨今のコロナウイルス

東京都で緊急事態宣言が解除された。別にウイルスの治療法が広く行き渡ったわけでもないので事態は解決してないのだが、感染者数が減ったのでいったん解除ということなんだろう。また増えるだろうか。あるいは…これから夏になって高温多湿の環境では活動が弱まるんだったら良い兆候なんだが。そう考えると、ブラジルで流行りだしたのは南半球が冬になりつつあるから?

この五月最後の金曜日は、ネット上でも「プレミアムフライデー」を見かけなかった。会社勤めの方々が帰るような時間になって「そういえば忘れてた」という趣旨のツイートが流れてきたりするのが通例なんだけど、まったく無かった。飲食店が集まる界隈をあえて通り抜けてみる。23時近かったので閉まっている店も多いが、そのうち幾つかはすでに閉店してしまったお店もあるだろうか。営業中の店からは賑わいが零れてくるが、どうしたことか違和感を覚えてしまう。酒場を嗜む人種ではないけど、こういう界隈が適度に賑々しい事も、それはそれ、情緒があるというか、ある種の健やかさってもんだと、思っている。横目で通り過ぎただけでも、店も客も無理してこの場にいるような圧を感じずにはおれなかった。なんなら、イチかバチかこのタイミングで店を開けているようにすら思えた。もちろん、そうでもしないと、というような事情を抱えているような事もあるでしょうし、店を開けるなんてとんでもない!とは言えない。自分だってその界隈をふらふら歩きまわったんだし、テレスクリーンにはその姿も映っているだろう。

そう、こんなご時世だからというわけでもないが、1984を読み始めた。ビッグブラザーというミームの元はこれかあ。

後ろめたい。コロナのお陰様で働き方改革が達成されたような人たちもいると思う。できるはずなんだけど、なんやかんやと先延ばしにしてきた改革が、一か月もしないうちに実現されてしまった、というような現実に、喜びの声は上げにくい。例えば出生率があがったという報告があるか、個人的に興味深い。ちょうど、子供が生まれた知人夫婦が、このご時世で心配事がだいぶ解決したといっていた。ならばその心配事とは、未知のウイルスの感染より上だったのだろう。

ホームセンターが混雑しているらしい。DIYとかは春先やGWがやるひと多そうなイメージだし、家庭の構成とかも春先に変わること多いもんな。昨今の事情で先延ばしになったりしたのが、宣言の解除で押し寄せたか。密に飛び込んでどうするよ。こりゃだめそうです。

「あらゆる予言も占いもこのコロナウイルスを当ててない」ってどストレートで面白い。言わんでもいんちきだと確信しておりますが、あの界隈のしぶとさは、未来はこうだと言っておいて外れても素知らぬ顔をするという点にあると思っている。ただ発言するだけなら責任も問われはしないからね。”集金”とかすると揉めるのかもしれない。未来なんて本当にあたるわけないじゃないか、という居直りがきくのかな。天気だって気象予報士という資格が要るご時世にサブカル気取りなのかしらんけどさー。

以上、交通情報でした。続いては、明日の病気です。疫病予報士の石原さーん?

はーい石原です。明日は気温の低下とともに、夕方相模原市東部からインフルエンザが発生する見込みです。近隣の方はご注意くださーい。金沢市で先日発見されたボツリヌス菌は、洗浄に成功していますのでご安心ください。続いて各地の一週間の病気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)