ざっき

「雨をみたかい」つう曲があって、原題を”Have you ever seen the rain”という。カバーも沢山されている人気曲で、オリジナルの演者はCCRというバンド。これが正式名称だと思っていた。「Creedence Clearwater Revival」を略してCCRで通っているんだって。

賃貸情報がスマホのアプリで無料で見れるご時世に、コンビニの雑誌棚に賃貸情報誌が売っていた。ざざざっと探すにはスマホより早いのは認めるが、何の条件もなしに探さないだろ、フィルタリング結果などの表示切替は紙雑誌じゃ無理なのよ、え、100円?お買い上げ。引っ越す用事も何も興味ないのに、はえ~~って間取りとか相場とか見たくて買ってしまう。思う壺かなHAHAH。いやいや?真剣に思う壺なのかもしれない。真面目に物件を探してないけど、暇つぶしに読みたい人向けに売ってるのではないだろうか。出版しているところは本業が賃貸情報のはずなので、そこまで大きなコストがかかるとは思われない。実際に探しているのではないから、そんな詳細情報はいらず、スマホにアプリを入れたりなんてするわけもなく、ぼんやり雑誌を探してて面白半分に100円なら買うかって人、いそう、はい、ここにいました。でも売れたとして、100円で利益でるの…。この雑誌から成約につながるんだろか。

太陽が出てない。晴れを見たかい。おうちにこもる生活していると、雨だろうが台風だろうがってなるけど、農業には影響大きいか。ちょっと野菜や果物の値段があがったらぶつくさ言うくせに、お天気の塩梅ぐらい見てやったらどうなの。

無塩バターというものが売っていたので勢いで買う。確かにバターで、塩気がない…ちょっとあるような、ないような。珍妙な風味だ。少し前に塩パンというものを食べて、強烈な塩とバターに驚いたんだけどな、今度は塩抜きときたもんだ。洋菓子なんかに使うらしい。拙がそんなものを作るわけないので、無塩バターで卵をやいて醤油をかける、みたいな方法で頂いた。形はオムレツ、しかし中までしっかり火が通っております、という自分好みのやーつ。

冷蔵庫のしたから細長いしっぽがのぞいており、こんなご時世で噛まれたら死んでしまうと慄いたが、よく見ればカブの切り落とした髭でありました。いくら拙でも家庭内でネズ公にご挨拶したことはないはず。

さっき書いた賃貸雑誌、よく見たら表紙に「始めての同棲でも安心なんたら」書いてあって恥ずかしい。

スーパーに出かけ、レジに並んでいる人々を見て自分がマスクを忘れたと気づく。あーやってしまったなと思えど、今更逃げることも息を止めることもできない。長居を避けてささーっとお買い物して逃げ帰る。これが生涯に爪痕を残す悔恨にならんことを祈るばかりである…。思えば、ここ数年インフル期間はずっとマスクしていた。それを6月どころか4月まで続けたこともなかったかと思う。そんなもんで、すっかり夏になってお出かけ前にマスクを忘れてしまう。インフルよりもはるかに高いリスクに対してこれでは、まるで危機管理ができておりません。うっかりはうっかりなんだけどさ。

「ザ・ファブル」の22巻を読んだ。これにて第一部、完。面白かったなーこれ。エンディングに新たな始まりがある、というのはどことなーく救われた気持ちになって、たぶん自分は好みのパターンかな。本作はその部分でも5,6話ぐらい割いている。次は何を読もうか。

洗濯時の洗剤の分量というものを、まあこんなもんだという目分量でやっているのですが、ちゃんと量ってやってみました。とはいえ、洗濯機に表示される水量表示と、洗剤にのってる分量の目安を照合するだけであります。結果、洗濯物の生臭さに閉口したわけで。分量マシマシで解決するのか?まいかい衣類ハイター使ってるんだけどな。ま、今年も除湿器の出番だなと。しかし?今年は(もしかしたら同じような仕事を続ける限り)部屋にいる機会が多い。シャッターおろしているので雨をみる機会もなし。昨年までは朝に干して除湿器を稼働、帰宅したら大体は問題なく乾いているといった塩梅でした。今年は、稼働中の除湿器1mの距離で日中ずっと過ごすのは、どうなんだろう。PCの排熱、除湿器の排熱、自分の排熱。あれれ、これは結構真面目に何か対策考えねばならないのでは?やはり、つっぱりぼう設置して風呂に干すかな。あわせて除湿器も風呂設置で驚きの乾きっぷりで良いんだけど、スペースの都合上、一度に干せる量が今より減りそう。風呂に除湿器置きっぱなしにできないので、毎回移動せねばなるまい。んーーー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)