雑記

ルワンダ虐殺の”責任者”が潜伏先のパリで逮捕されたというニュースを見かけた。責任者って…。ま、責任の帰属が論じられるほど、組織的に行われたということなんだろう。少数派が多数派の民族に虐殺された、ということなので、日本だったら全国民が東京都民を目の敵にするようなものだろうか。実際には目の敵どころではなく、むごたらしく殺害される。さらなる武力の介入で一旦は落ち着いたのだけど…その後の一部顛末はわかりやすいページがあったので下記リンク先。

https://diamond.jp/articles/-/218630

こういう過激な時代を経過した国や地域は、wikipediaにとても興味深いことがさらりと記載されていることがある。

ルワンダ虐殺で男性の数が減り、さらに憲法で女性議員数が全体の30%を超えるように決められているため、女性議員が世界でもっとも多い。2008年には女性議員が世界で初めて全体の過半数を占めた

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80

首都だったらストリートビューで何か見れるかなと思って訪れたところ、行政府近辺のごくわずかな範囲だけ見れた。しかしその撮影はgoogleではなく、ローカルガイドが行っているようだった。ごく短い距離のストリートビューや、360°画像が点在している。一部画像は、他では見たことのないユニークなものになっているので見てみると宜しいかと思う。カメラ位置よ。虐殺の記念館があるが、そのwebサイトのゲストブックはオンラインカジノやらポルノやらというスパムで埋まっている。

一方、買い物の通り道には樹木で埋まっていたお宅があったのだが、ある日気付けば全部伐採されていた。樹木が無くなると初めてそのお宅の全貌が見えた。広い庭がある、結構良いお宅に思える。建物自体はやや古そうだ。昭和を感じた。枝が道路のほうまではみ出していたことを考えると、長年誰も住んでいなかったんだろう。そのまま誰か住むのだろうか、取り壊されて新しくなるだろうか。

初めて東京へ出てきたときの、物件の間取り図が見つかった。自分のメモも残っている。結局この物件にしたのだった。インターネットもない時代、上京勢はみんな不動産に飛び込みで入っていった…と、思う。今は各部屋ごとの間取りが公開されているのが一般的だが、この図ではフロアごと一枚に収まっている。重要事項説明書も出てきた。当時と比べて自分は成長できただろうか。いや、さすがに成長したと言い切れる。とはいえ、阿呆で間抜けで怠惰で冴えがなく、なんというか人が良くない。

責任の帰属。梅雨が来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)