濡れ手にfake plastic feather

普段は物寂しい、駅のしょぼくれたほうの改札口へと続く道が、大賑わいを見せる。所々に和装の若人を認め、花火大会だなあと察する。駅のホームもごった返し、仕事を終えてくたびれたおっさんは、せっかく早く帰れるのになあ、とやや不満を抱き、それでも精一杯邪魔にならぬように縮こまって電車を待つ。はよ来いやー。臨時増員されたであろう警備員も世話しなく、「危険ですから下がってください!」の声も当然普段より迫力を増し、それを各所の警備員がみんなバラバラのタイミングで叫ぶものだからもはや怒号のような状態となり、ヒステリックな近代のまつりごと、その一つのk

!?

最初は屋台で買ったおもちゃか何かかと思った。決まって女性だけが、同じようなものを手にもって歩いている。数名が同じように通り過ぎ、その都度ちらりちらりと眺めると、どうやらそれが手持ち扇風機だと分かったときはホッとした。だってなんかこう、一瞬卑猥なアイテムに見えt

\お巡りさんこっちです/

その日は無事に帰宅。その日は、じゃねえよ今後も無事だ。特に若い女性が多く使っているというのは、どーーーーせ人気の芸能人あたりが使い始めたんだろう。浴衣を着て花火を見に行くのに手元にアレをもつのは風情がねえなあ…そら涼しいだろうけど。いやー駄目だダメだ。若者の流行りにおっさんの美意識ぶつけるとか、自分が若いころに黙れよおっさんとか思っていた、そのままの構図じゃないか。同じことしてみれば良いのだ、Amazonさんにいつものようにオーダーを…うーん。しかし万が一おっさんが手に持って卑猥に見えたら身柄拘束免れないのでありました。いやいやきっと大丈夫。あの手元で顔に向けている扇風機が日本の永遠の詩情を振りまいているのでありますよ?あのイーハトーヴォのすきとおった風が扇風機からぶいーん。

勿論冗談で言っておりまして、実際に卑猥に見える可能性はございません。

手持ち扇風機が夏の日差しですくすく育つと、一週間で脱皮してサーキュレータと呼ばれるものになる。この便利さ。単にiPhoneのサイズを調整しただけ、なんて揶揄されたiPadが、使ってみればずいぶん便利だと気付かされた事例を思い起こす。つまり人の暮らしにおいては、風が欲しいタイミングとアングルには案外バリエーションがある。風の発生源を調整したいと思えば、移動が楽だったり、設置場所に困らないほうが都合がよかったのだ。

凄絶な日差しがやってきた休日、パイプ枕をざぶざぶと洗った。風呂に湯を張り枕をざんぶと沈めまして、沈めまして、沈め、沈まねえなこいつ。ぷかぷか浮かんでいる上から重曹パウダーを振りまきーの。ごみ袋からペットボトルを呼び戻して水を詰め、重しに。五本目で沈んだ。かるく混ぜて小一時間後、お湯の汚れにoh…となりながらすすいで、直射日光ぶち当たりの物干しに…吊るすとどこかからビリっと破けそうな気がした。やめとこう。カラーボックスをひっくり返してその上に乗せ、手すりの角を利用して原始的なかまどのような風通しを確保。サーキュレータを置いてななめ下から全力送風。

ところがここで…。洗う時に参照したwebサイトに、「一週間ぐらいかけて乾かす」とか狂気じみたことが書いてある。考えてみれば、細かなプラスチックの集まりに蒸発という作用があるかと言われれば、ないのかな?それでもド直射日光、サーキュレータの風もあるし大丈夫かなと二時間ほどそうして干していた。状態を確認する。手で触れると風の当たる面だけ乾いた感じがあるが、中身をごそごそ混ぜてみればじっとり濡れているパイプが出てくる。これは困った。洗濯ネットに入れて洗濯機で脱水と思いつくも、この枕は洗濯ネットの倍ぐらいのサイズがある。一か八か、このまま脱水。もし中で弾けたらどうなるか考えると体感温度が下がって大変によろしいですねヒャッホウしかしながら「一週間かける」という狂気に比べればうおおおおドゴゴゴゴゴゴゴンンンンン。怖くて30秒ほどで出してみたが、じっとりとしたままだ。

農作物を乾かすがごとく、広いスペースにぶちまけて乾かすのが一番早そうだけど、もちろんそんなスペースがあるわけもなく、科学の力に縋るとしよう。プラズマクラスターさんを風呂へ勧請。枕の中身を3割ほどバケツに移し、少々乾燥しやすい感じにする。全力の除湿運転をしてもらいつつ、枕とバケツを風呂に放置。

すること3時間。乾きやがった!

でもバケツのほうは手を突っ込むと水気があり、手にパイプが大量に引っ付いてしまった。濡れ手にプラ。枕の中身の乾いたパイプをいったん45Lのごみ袋にざざざと投入。次にバケツの中のじめじめパイプを枕に入れて、再度全力の除湿運転をすること小一時間、見事に乾く。すごいな。その夜は、小ぎれいになった枕で夏空の夢を見よう。今年も夏休みはないfuck。

…寝入る前に屋外に放置されたサーキュレーターに気づいて回収。夜空に風を送り続けては、うちゅうのほうそくが乱れてしまう。またある人の詠める

ほし仰ぎ 二羽で扇がば にわか凪 そら乗りせむと 濡れ筒枕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)