ああおわりゆく

あああああ

今年も本当に終わっていきますね。トキオに長年に住んでおりますと、年末の何とも言えない雰囲気は実に興味深く、一言で言うなら乙であって、をかしとかもののあはれとかそういうの。最後のは違うか。例え百万人が帰省しようとも東京の人口は1200万人をゆうに超えており、関東近隣も考えれば人間の数が「減った」などと実感できる筈はないのだが、実際町ゆく人は少ない。僅かに少ない。ここに寂寥の思いがある。

東京は仕事に特化しているのだろうか。まあ仕事でもなければこんなに人の集まる道理もなく—。

人間の姿こそがこの街の景観なのですよ。原宿あたりの人々の装いそれ自体が、海外の人間の目に留まり面白がられる、やうに、人々の群れて整然と混沌に従順な人々、西洋人にはをかしと映るか?さういへば渋谷駅前の
スクランブル交差点の様子は日本ツウの外人の間では一度は行ってみたい場所と挙げられており、あれだけの人数が、あれだけバラバラに動きながら信号が変わる毎に静と動をきっちり切り替えるのが楽しいようだ。JR渋谷駅と井の頭線の連絡通路や、ハチ公斜向かいのスターバックスから一望できるようになったのもあるだろか。

連絡通路には故岡本太郎の絵画が圧倒的に展示されている。そしてその前を行き交う人々も含め、まあ魅力的なスポットには相違ない。そうそうそ、あの場所で窓際により、絵の方を見ながら足を止めると、多くの人と目が合う。立ち止まることが異端なのですよ。腰でも下ろしたら写真撮られるかもしれねえなwww

あああああ

我々の歩みに魂の連絡ありて。来年のインスパイアは赤の他人に求めよう。インターネット越しではなく、道端にいるあの人に。霊脈の馭者、馬を放ちて自ら歩む、掌を太陽にー♪

よいお年を。

ミッション・インポッシブル2

年末らしく朝もはよからぐでーと映画をみた。
トム・クルーズの「ミッションインポッシブル2」で御座いました。リンクはamazonでござい。感想はというとー。以下ネタバレー。

普通のアクション映画。最後には人と人の殴り合いになって、ジャッキー・チェンごっこ。あっちでどかーん!こっちでどかーん!隠密スパイ的行動がメインの映画も見てみたいなー。

人生画力対決

西原理恵子は昔から好きだけど、この人生画力対決シリーズはまた際立って面白いなーと。今年のセルフクリスマスプレゼントはこれになったw

いま読んでいる漫画はこれと「毎日かあさん」と範馬刃牙。こう並べて書くと—-サイバラと範馬勇次郎が夫婦のように思えてくるものですね。ほぁ。

日記

映画のデビルマンが救いようのないsucksだったのはこの身を以って確信した。漫画のほうは名作だ名作だと言われているので読んでみたが、そこまででもなかった。まあ単純に古いからってだけかもしれない。当時はそりゃあすごかったんだろうさ。なにせ世紀末を一回くぐり抜けているからな、我々。

ベルリンの壁に立ち尽くす人々。はっきりと記憶に残っている。激動、激動と年末番組の売り込みに必死だったCMも懐かしい。今年も激動などと煽るに相応しい事態ばかりだったが、まだあと十日以上ある。もう一声あるのではないか。自分が巻き込まれなければいいけどな。

じょんいる死去の報に、日経平均はがくっと値を下げた。なんでやー。ご祝儀相場にならんかい!まんせー。ほれほれ。

水葬場にて

湯船にて呆けていると視界の端で何やらうごめいた。おそらくは六本足のあいつだろう。怖くもない、ただこちらは湯船に浸る体勢であり、つまりは裸体であり、素足で踏みつけるのも躊躇われるのは文明の縛り。人類はそれに甘えて彼を踏みませんでした。ああ、また徳を積んでしまったよきかなよきかな。

と思ったんだけど、フロアを見つめる視界の上からゆらゆらと何か降りてきた。八本足のあいつだった。蜘蛛は益虫などという言葉を信じ、適度に生かしたままにしてある。とはいえこんなところに登場されるとちょっとな、と思っていたら、そのまままっすぐに、便器の中へ降りて行った。やや間があって、俺はレバーを大の方へとひねり、轟音と共に押し流した。死ね!死ぬのだ!

つげ義春の漫画で、火葬場で釜に閉じ込められた同僚を焼いてしまうという話があった。あの一瞬の迫力が好きだ。人間の情とはなんだろうか。文明は産業を産み、暇人のアートがそれを弄ぶと申します。叡智を愚弄するかものども。情はゆらめきつづけてなお、ひとところにあり、我々はそれを遥かな谷底にみることも、頭上15センチにみることもできる。すべて私の物、しかし命の処遇は巡りの果てにて、仄暗い水道管の中。穢れを払うに焔と水の業がありて!!体一つで居りました由、焔には贖えませぬ由!

肉を食え。

湯気、凍る、ある冬の日の出来事で御座いました。