クソ暑い

まあ暑い。

来年の春ぐらいまで忙しくなる。程度の差こそあれど、忙しいのは良いことだ。善とか美徳とかそういう良いではなくて、なんだろ、まあ、生きていくということで、良い。半分ニートなバイト暮らししていたことは、忙しいほうが良いなんて気休めだったりギョクサイセヨ的な妄言ハッパだったりするのかと思っておりましたが、活力というのもんは矢張り眠っていては得られないわけですよ。流れ、過程に拠りてまた歩むこと、その中に於いて満ちてゆくもの。巡り巡りしていくことがなければ得られないのですね、自分で作り出すことはできないのです。

若いころには思いつかなかったなー。

外に出る、以外に解決法はない、人生はそうでしょうよ。

でも全てがめんどくせえwwwwので大概においてイマイチですし、何より暑すぎでしょうよ。

風の抜ける日陰、見渡す限りの緑の世界に、太陽が照りつけつつも、水の流れは絶えずして衰えず。そういう景色に佇むということ、人ならぬものから得られる活力。

帰省のあと

無為を為しに帰省しているので、滞在48時間中半分以上寝ていた気がするが一向に問題はない。今年もその足跡などもそもそと。

郷里には水郡線というマイナーな路線の駅もあった。水郡線、地図などで見る限りではやまあいを無理やり走っているような路線で、その景色たるや大変に俺好みに違いなく、この機に乗って帰りましょうそうしましょういざいざ、調べを進めるうちに絶望的な所要時間、またそのダイヤの悪さなどがあって断念した。始発で三鷹を出て、水戸に着いて一時間以上待つとか意味がわからない。それでも、その駅の近くには愛着のある景色が広がっていることは違いない。しかし、その駅を利用するということは、バスなど走っているとは思えず、徒歩なら目的地の実家まで三時間以上かかるという常軌を逸したルート設定。酷暑。死ぬ。

死しれば墓地。では祖父の墓を目的地に設定し、そこで父に迎えに来てもらおうという魂胆。駅に着いたら連絡する手はずを無視、墓参りをすませた時点で連絡をいれよう。目的地が墓地ならば目的はお参りであるから、それに必要なグッズなどがあるはずだが、当然常備していない。出発前夜の夜更け、コンビニで線香、ライター、酒を買う。翌朝早くに、出発する。

水郡線のデザインに吹いたwwなんだあれ。

GoogleMapが高性能すぎて田んぼのあぜ道を示した、その可能性にかけてあぜ道を目的地と思われる方へ一人歩む。ボストンバッグを抱えて田んぼのあぜ道を、へとへとに疲れた様子で奥まったほうへ一人歩む男性。「自殺しようとしている人がいる」などと通報されてもおかしくない。実際されないように明るい笑顔で「ちわー」などと挨拶をしていた俺はえらいね!駅で水を買っていて正解だった。頭にタオルを載せて、その上からじゃばじゃば浴びる。田んぼを歩いているのに日陰なんてない。タオルも持ってきて正解だった。マジで倒れる。ひとまずは、川を渡る橋。そこを越えればあとは確実に道がわかるんだけど、そこまでが遠い。草むらの背丈が高くて先の状況がわからない。川沿いの堤防の上の道に出てちょっと安心する。これで流石にまようことはない。

橋をわたる。目的地の墓地が彼方に見えることで安心し、座り込んで休憩。息が上がっている。本気で熱射病を心配して、さらに水を被る。ここでようやく、「わたしはいったい何をしているのでしょう?」とまっとうな疑惑が入道雲のごとくに、とはいえ、景色はあまりに美しいの一言。いつか夏の暑い日に歩きたいって十年も前から思っていた、ことにして、がんばって歩く。クソがクソが。自販機を発見し思わず拝む。ポカリが売り切れててケリを食らわす。

祖父の墓の場所を少々失念してしまった。坂の上の、奥まったところ。。。というのは覚えていたのだが。何度かうろうろしているうちに、祖父の名前を発見する。黒いボストンバッグはそれ自体がもう熱くなっていて、中の酒もぬるい。ふたを開けたところで、どうしたものかと迷った。乾杯でもないし、献杯でもないだろ。豪快にだぼだぼとぶっ掛けた。直ぐに日本酒の香りが広がる。線香に点火。手向け。立ち去りがたく、景色をしばらく眺めてから、親父に連絡をする。居場所を告げたら「はあ?」といわれた。そりゃそうだ。

空き家になった祖父の家の前にふてぶてしく腰を下ろし、到着をまつ。「子供を誘拐しようとしているひとがいる」と通報されてもおかしくない、というか同級生なぞにでくわさんだろうな、あわわ。父の見慣れない車が着くと、助手席には母も乗っていた。一通り事情を話し、家へ。

土産などを渡す。昼飯、着替えて、荷物を整理し、ているうちに寝た。以降、数時間ずつ転寝をしただけの帰省となった。晩御飯。転寝、散歩。

散歩、なんだけど22:00ぐらいに出ようとしたら親にとんでもないと驚かれる。この時間にこの田舎で出歩くことは職務質問の対象であるし、また治安もあまり良くないのだと言う。懐中電灯を持っていけなどといわれて流石にたじろぐが、アイス買ってこいとも言われ、何なのだお前らは。アイスは帰宅途中でだいぶ溶けた。ハーゲンダッツで美味い美味いと言ってくれると買いに行った甲斐があるのね。親のPCの調子を見てたら25:30になった。このやろう。

翌朝。普段どおりの時間にきっちりおきる。メシ。本を読みながら転寝、昼飯、転寝、散歩、晩飯、転寝、読書、風呂、読書、寝。合間合間に会話など。何もしていない。素晴らしい。

朝飯にサーロインステーキは失敗だった。大変に美味だったのは良いけど、帰りの新幹線でずっと胃がどうも。

かつてない残暑、という感じの日々にぶち当たってしまった。避暑値はマイナスですらあったけど、太陽を浴びたいと思っていたのでまあよかった。郡山から新幹線に乗るときは、大宮で降りるとだいぶ安いといまさら発覚して大変にくやしいいいいいいい。以上。つかれた。

雑記

金魚模様の団扇を買った。百円。

日本橋を通ったらガードレールができていた。いつも濁っている川と薄汚れた橋、となればこれはもう無粋と言っても良い真っ白、艶かしさ。途端に、江戸の町並みがふっと視界から消えた。ガードレールの一そろいだけで、かつての往来を想像して楽しむことができなくなった。残念だ。歩道の広さも十分で、ガードレールが必要な橋だとは思えないんだがなあ。聞けばあそこいらは再開発するという。日本銀行の近くのビルも完成間近みたいで、コレド室町っていうらしい。あのガードレールが寂れて侘び寂でも醸し出すころには、また古きよき時代を想起できる景色になってほしい。じゃなきゃあ50年先をつっぱしるようなものにして、伊達に日本の中心やってねーんだおいこら、ぐらいは見栄を切って欲しいもんだ、とくらあ。

爆音とフラッシュとわずかに火薬の匂いと酒と闇と熱気。花火大会とはずいぶんに助兵衛なイベント。らりらりぱっぱもまたをかし。行き帰りの混雑がなー・・・。

靴とかばんを新調した。足の幅が太いので、新しい靴に慣れるまで窮屈。これでも3Eぐらいの幅広い靴のはずなんだが。かばんはあまり入らないかと思ったけど平常フル装備も十分格納できたし、軽くて良い。奮発した甲斐があったってもん。・・・あれ、これ前にも書いたっけ、まあいいやらりぱっぱ。たまやたまや。

雑記

暑い以外の言葉がでません。

最近のお買い物。その1。かばん。通勤用のカバンをお買い上げした。world travelerの7000円ぐらいのやつ。やや小ぶりかなとも思ったけど、必要なものは全部入って安心。今まで使っていたものより一回り小さいのがうれしいす。これで二年ぐらいもつと良いんだけどね。お買い物その2。Colemanの水筒、というかサーモマグ的なもの。そんな持ち歩きの頻度は高くないだろうけど、家に居るときに冷蔵庫のピッチャーやペットボトルから飲み物注いで、パソコンの前で使うなどしてみよう。今度の帰省のときも道中使おうか。お買い物その3は100円ショップでごそごそと、うちわとか空気枕など。うちわは三個買ってやったぜわはは。左団扇しほうだい。お買い物そのよんー。キーボード。dellのキーボードがなんとなく慣れてて使っているんだけど、980円でダンボールに山積みになっているのを見かけたので二つほど買ってやったわはは。シールの後とかマジックペン直書きのメモの後とか見えるので、どっかの企業で大規模なリプレースでもしたんでしょう。そういうのが流れてくると、秋葉原界隈のダンボールが満たされるというわけですな。

お買い物その5。ハッカ油。水にちょっと垂らして、それをタオルに染み込ませて体をゴシゴシすると爽快とのことで、さっそく買ってきてやってみた。確かに爽快で良い。でも匂いが強烈。嫌なにおいじゃないんだけどな。出勤前には憚られるかしら。

お買い物予定。椅子。さてさて。良い椅子を使ったほうが良いといまさらながら気づいたので買うまでは決心付いたんだけど、そのお値段。すわりっぱの人は数万円の出費は当たり前らしくて、「プロがツールにかける金を惜しんでどうする」などと気合の入ったあんたカモちゃうんかお言葉なども頂きまして。さすがに十万円とか出すつもりはないけど、5000円ってのも大丈夫かなと。中古OA機器の展示売りなんてどっかにないかな。安くて良いもの手に入りそうな予感がする。でも椅子は新品がいいかなー。

市民税も払うことだし、あまり出費の話ばかりもしていられない。とほ。