sakazenがamazonに

デブ体系の御用達、サカゼンのショップがamazonさんにできてた。シャツでも何か買っておく?

いつまでこんな豊満な布を使ったサイズを着てんだろか。運動不足が実感できないのは実感の機会すら稀だったりするし、ましてや「いやー年取ったね」なんてエクスキューズに嘘がない年齢になったこともあり、とはいえ今着ている服がきつくなるほどさらに膨れる事もなく、という塩梅だからであります。あと食い物ね、なんかストレス解消のつもりだろうか、阿呆みたいにカロリー摂取するやけ食いの類が、頻度上がっている。餃子カツ丼ピザ柿ピーみたいな。ああ間違いなくあがっている。夜更かし?寝不足?諦めた。酒は殆ど飲まなくなった。月に一回もない。いい傾向。

そうじて全く良い方向に向いていない。一週回って良くなるまで耐えてみるかね。いやこれはホワイトホール突っ込んでも良くはならねーわ、はー…。またものぐさが加速していて、お総菜とかコンビニ飯の頻度もあがったか。うーん。学生のころ今よりさらに10Kg重いところから今より15-20Kg軽いところまで減ったのは、なんかこう危機感的なものとか食費に対する経済的事情とかそのそも代謝とかあったんだろうなあ。あといろいろ諦めてなかった。酒も一切ダメだったし。

しょぼくれていられるか、明日もワテクシは飯を食う。カップヌードルダイエットと、蒟蒻畑、発注。しかしこういう志向の食品ははて気休めなのかあるいは本質的な解決なのか。科学的に見て摂取カロリーが減るには経る筈なんだが。ああ3年ぐらい前に今より10k近く痩せた時はもっとお散歩してたな。寒くなる時期にこの思いつきもアレだけどもう言い訳してらr

24日、東京は雪かも 11月に降れば54年ぶり

やっぱ来月からだクソが!もう1年ぐらいはsakazenのamazonにお世話になりまし。はー…。1年で収まるかしらねー。

White Seekの「シュラフ」を買った

外来語の多くある現在、よくこの国の人はこれを消化しているものだと感心する。

もう十年以上も前の記憶だけども、デイブ・スペクターがテレビに出ていた。自分の世代では、「テレビに出てくる日本語が話せる外国人」というとケント・デリカットと並んで彼の名前が挙がるものだろう。それは何か買い物にいくような場面だったと記憶している。缶詰の棚を見渡し、一つ商品を取る。彼は言った。「へー。日本ではツナのことシーチキンって言うんだ?」如何にも台本読みました、というセリフではあった。(あれだけ日本に馴染んでて知らないなんてあるかい。あるいはデイブではなかったのを記憶違いしているのかもしれない)

シーチキンがいわゆる和製英語であったことを知らなかった。言われてみれば、コンビニのおにぎりはツナであって、シーチキンではない。商標でもあるのだろう。商標まで絡むとウォークマンのように更に事情は複雑になってきて…。「オセロとリバーシ」も最たるもので、オセロをオセロで通じない相手に何と説明したらよい?知ってさえいれば「リバーシ」の一言で説明が済む。「外国ではリバーシっていうのか!」「日本ではオセロっていうのか!」落語にできそうだ。

「シュラフ」を買いました。「シュラフ」とは寝袋のことです。

掛布団も限界とまではいかなくとも綻びが出たり、今年の真夏の間の保管状態が良くなくて一部カビたりしてしまい、買い替えを検討していたのです。そこでふと寝袋はどうだろうかと思い当たりました。実は押入れに一つありますが、自分が子供の頃にキャンプ用品として買ったもので、子供用というわけではないでしょうが自分の体にはとても窮屈なサイズやねん。そういうわけで使っていません。調べると、今はネットでも豊富な種類のものが買えますね。実際に山に行くかと言われれば行かないのですが、この冬の部屋での寝具、あるいは非常用の備えをまた充実させる意味でもお買い上げ。ちなみに冬季の山で過ごそうと思えばこんな安物では無理らしい。最低使用温度なる説明に、7℃とありました。…あれ、暖房なしでは屋内でも下回る可能性が…ま、まあ他に寝具もありますし風も吹きこんでは来ませんし…。

お買い上げはWhite Seekというところの商品です。山岳の趣味はないのでこのブランド?がどんなものかは知りませんが何しろ安かったもので。見た目は目立つ蛍光感のある水色。安っぽいとも言いますが…。横幅90cmに立幅230cmと実にゆったりとしているのと、洗うことが出来るというのでこれに。届くと収納袋にパッツパッツに詰め込まれていました。元に戻すの大変なんだわこれ。もっと適当に畳んでも詰めれるサイズにしてくれないものか。収納袋についてはまあ適当な袋でも代用できますので気にしない。

ここまで大きいと、体を収めたときには実にゆとりがあるのが良いすごく良い。167cmで95kという体系の自分でもよゆう。膝を立てても平気。頭まですっぽり被って両手を万歳してもOK。中にタオルケットのようなものを敷くことも十分できるし、なんなら毛布を入れてしまえば更なる暖かさを確保。

もう一つお買い上げの決め手になった「洗える」という所なのですが…。洗えると言ってもこのサイズだとご家庭の洗濯機にポイーでは無理がある。大家族用のでっかい洗濯機ならいけるのかなあ?うちの場合風呂で手洗いになりそう。手というか足で踏み踏みとか。注意書きによると洗う時には以下のような決まりごとが。ちょっと日常的にこなせる作業量ではないけど、年に一回ぐらいだから平気だろう。

  • 水で洗う。
  • 最低五回は濯ぐ。
  • 脱水機は20秒以上使わない事。
  • 乾燥機で乾かす場合、温度が30℃以上にならないこと。

しかし、この製品は安いだけあって素人目にも心許ない感じがある。縫い目も実に弱弱しく、つまんで引っ張ったらばりっと割けそうです。試しにやったら簡単にピリッといきかけました。山岳の趣味はないのでわかりませんが、これは本当のアウトドアの現場では使えない代物なのでは。「アウトドア」とは屋外のことです。大きいしねえ。非常時のシェルターに置いておくんなら良いのかもしれません。「シェルター」とは危害から逃れる一時的な避難所のことです。あるいはこうして布団の代わりにするとか。あと寝相がとても悪いので、勢いよく暴れて破れるなんてことにならないかと心配ではあります。

オチは「アマゾン」とは云々にしようと思ったけど面倒くさくなったので〆。買って使っているというのは本当。

日常をツラツラ

冬の足音に怯える夜、右手に包丁を持ち、キッチンでたじろぎ、首をかしげた。左手を高々と掲げそれをぐるりと周りから眺めてみる。こいつは何処から包丁を入れるんだと。で、気付く。これ人生で初めて買った?そんな筈ねえだろ、でも買ったという確かな記憶もない。お野菜高騰のご時世、閉店間際のスーパーでの選択肢はほぼない。鷲掴みでかごに入れたのだ。

カリフラワー氏である。野菜スープに入れようとの買ったんだけど、買うのが初めてなら食うのも久しぶり。思ったよりしっかりと根なのか茎なのかに固定されており、指を差し込んでメリメリと割ろうとしても、食う部分が案外簡単にぼろぼろと細かくなってしまう。刳り貫くように包丁を入れるのが正解だったのかもしれないが、ハの字に包丁を入れて、その、食う部分を手羽元がゆだっている鍋に投擲。

コンソメがないでやんの。いりこ出汁の粉末あったのでおすまし風を試みるも、結果、全く美味くもないスープを啜る霜月朔日の朝。夜の分もあります。あゝ俺のメシがまずい。

カリフラワーの切り方

postitという商品あるでしょ。メモ書いて張り付けるアレ。片手ではがせるという商品の宣伝が流れていたんだけど、片手で剥がして貼って書くということだよな…あれって書いてから剝がさない?貼ってから書くと書き損じたときとかねえ。貼る場所だって書き込めるとは限らんよ。ディスプレイの端とかさあ。

おうちで飯を炊かなくなって数年。炊飯器は同じ場所にそのまま放置されているわけだが。コメを炊かずともいろんな料理に使えるという発見が数年前のトレンドだった。なんでも、外人さんにはそっちの使い方のほうが人気だとかで。ならばやってみるしかあるまい、しかしン十年もので、内部のテフロン?加工のようなものはぼろぼろと剝がれかかっている。レシピ探すと、肉の塊とかパンケーキばかりで、まあ想定通りだなあと。うーん。実施はまた次回だな。もちろん、何かネタになるパターンはないかと考えておりますのよ。もう一歩先の試みへ。だって今日はね?

このページからもリンクしていたブログが、更新停止とのこと。自分も文章を書くという趣味は30年になるけど、特に落ち着いて書く時間に乏しくなってからはご覧の通りに文章にも落ち着きがなく、人間に似せたbotのようである。そういう芸風にでもなるか。だもんで、こういう腰の据わった文章を書ける人たちは羨ましく思う。振り返れば時間のあった時というのは引きこもりとかニートとか言われる身分だったわけで、俺も今すぐこの入館証を切り裂いてネクタイ破けばあの頃のようnうわあ何をするあqwせdrftgひゅじk

更新お疲れ様でした。うん、こういう挨拶書くには二か月遅いのが申し訳ない。

囈語 divagations

うーん。エアコン壊れたまま冬が来たの話どうするか。ここで脳内が炊飯器に入った食べ物のイメージの支配下に置かれたので〆。文化的試みは実践を旨とする。レンジ入れたブリが爆発したときもほくそ笑んだものですほほほ。

ほほほ。

三浦九段竜王戦出場停止

事件と言えば事件なんだけども。

電王戦というイベントでブーストした事で将棋ソフトの恐ろしい強さというのは皆の知るところとなり、プロも認めるところになった。なったどころか最上位の実績のあるポナンザなどのクラスのソフトの強さは、文字通り人知を超えているというのが将棋ファンの見解の一致したところ。

さらにそういったソフトが一般人でもそこそこpc周りに強ければ大したコストも払わずに使う事ができるやうになり、世間にはスマートフォンが溢れた。さて。

アマチュアの、、、、というか、インターネットで対戦するような将棋ではソフトを使っての不正行為はかなり昔から問題とされ、対策や処分が為されていた。そもそも、こういう対戦形式では相手が目の前に居ないどころか周りに誰も居ないのが普通になるので、簡単にソフトを参照できる。ソフトを頼りにして指し手を決めればそれはもうソフトの強さと同等である。これではそもそものサービスの質を損なうので、こういうインターネットでの対局を運営する人たちは何らかの対処をしてきたのだ。

よく言われるのが一致率というやつで、ある対局の棋譜が、ソフトに対局させたものとどれだけ一致するのかという指標となる。将棋の複雑さから考えて、たまたまで一致するような事はない。そら上級者ほど上手い手を指すもので、それがソフトの算出した上手い指し手と一致する率は上がる。それにしてもソフトはもう人知を超えており、こんな一致することはねーわ、という判断になる。

プロのレベルではどうなの。

プロになれば対局の様子は必ず第三者が目にするもので、そんなコンピュータ持ち込んで不正など難しい。だけどスマホでもそれができるなら?つい最近チェスの世界でトイレのスマホとモールス信号でソフトの情報を得ていたという不祥事が報道された。チェスはもう何年も前にコンピュータが人類を超えていった世界である。要出典。

今回の件を悪魔の証明云々と言えばそうかも知れないが、プロの話なのでねえ。ドーピングは検査拒否したら黒みたいな風潮で良いと思うんだ。まあ、検査の方法も用意されてない現状がよろしくないのはその通りなんだが。今までは棋士がカンニングするような情報が無かったからねえ。リスクしか無かった訳だけど、現状は冒頭に書いた通りよ。

何にせよこんな思い切った事になったからにはそれなりの証拠は揃っているだろう。もし具体的に出てこないなら、こーいう場合大抵は匿名の内部告発というのが定跡だが果たして。勿論それにしたって証拠は要るだろうけど。

兎に角将棋連盟がどう自体をさばくのかに着目したい。それこそコンピュータには難しい、人間のお仕事だもの。

「レクイエム・フォー・ドリーム」を見た

例によってネタバレです。

少し前に後味が悪い映画ということで、ミストを鑑賞して、なかなかに面白かった。今回もそのテの映画という評判によりこのレクイエム・フォー・ドリーム(Requiem for a Dream)を見てみるかと。

ドラッグに関わり人生から滑り落ちていく人たちの悲劇、という大筋なんだけど、その味わいの悪さは評判通りで、なんでこれは映画として出来上がったんだろうかと。劇場でこれを見た人はどんな家路につくんだ。まま他にもいっぱいそういう映画はありそうだけど…。

この作品を通じてドラッグの危険性を訴える…という雰囲気でもない感じなんだ。淡々とドラッグなんかにはまるとこうなりますよ、という映像表現に凝った再現ドキュメンタリみたいな雰囲気をと言えばいいのかな。映画の登場人物に対して、悲劇の主人公として憐みの視点があったような気もしない。まあお前らそらそうなるだろうよ、といった感じか。

たまたま買ったのはデラックス版なのでメイキングとか解説のコメンタリーも見た。これで凝った映像の仕掛けなども監督の口から語られると、なんともお得感。良いカモだな俺も。そのコメンタリーでこの作品のテーマはドラッグ禍という一言ではないことが告げられる。人生においてこの映画の登場人物のようになってしまうことは確かにある。あり得る。ドラッグが関係なくとも十分に。何かしら必死に繋ぎ止めようとしているのに綻びは大きくなる一方で、どこからも理解は得られず背に腹は代えられない思い切った決断は、あっさりとカモ扱いであしらわれる。

書いてて自分のリアルライフの事象が思い当たってイライラしてきたわfuck!!!!!クスリはやってません!!!!!!!

作中の銘々がお薬を止めようと心に思うシーンは「映画にスピード感がなくなる」という理由で本編からカットされている。自分が先に書いた、憐みの視点がない、という感想もこれかな。本当はやめたいんだけど苦悩している、という場面が具体的にはない。しかし思い返して見れば、作中ではもっともっと具体的に誘惑と戦う人の物語が並行して進んでいて…。

コメンタリーもたっぷりついていて、流石にそのためにもう一回90分かけて見直そうとは思わないけど、裏話というか「意図したところ」みたいなものを作った当人たちから聞くと一つ一つの場面が味わい深くなるものなんだよな。…おれはネギ付きのカモか。結局コメンタリーも殆ど見たのでもう出汁と薬味もついてそう。このお母さんエクソシストのお母さんなのか!なんという驚きもこういうコンテンツの楽しみだな。次に見ようと思っている映画の「この森で、天使はバスを降りた」にも出演している。おお素晴らしい。鴨葱出汁薬味甘味次回御予約ぐらいまでいってるな。

コメンタリーが随分長々としっかり話すのでこれが手品の種明かしと一緒で、ずいぶんと感心することしきりだった。映画に完全に取り込まれていたということが晒される。何かが何かの比喩だとか暗示だとか、取ってつけて適当な事言ってハクつけてんじゃねえよ、なんて無礼なツッパリをかますこともできるけど、なるほどそれは納得だと受け止めてみれば良くこんなことを仕込んだものだという工夫がちりばめられている。音響、照明にもふんだんに。

なんかこの映画とは直接関係ない感想が多くなった。この作品にはよくありがちな何か頑張っていれば報われるみたいな場面がない。見て後味の悪い映画、という評判に偽りはない。凝った部分もあって、良くできてるんじゃないかと思う。ただ、感想に困る。映画の感想というのは面白いか、つまらないかの二択で十分と思ってる。こういう感想文書くのは脳トレみたいなものなんだけど(にしては真摯に書いてないというご意見はなしで黙れこら)面白かったです!では何かこう物足りないと自覚がある。しかし言葉に存在してないのでしゃあないじゃないか。何か言葉を作っていいのか。だったらこの映画の感想はo͍̫̥͖͉̬͍̠̐͌͞ḵ̶͍̼̽̂̎̐ͫͮe̸͍̭͈͔̣̦̮̎̾̆ͫͨ̅̀ ̢͇͖̟̟͔̱̫͙ͭ͑ͧt̯͔͌̏͜h̵̛̖̩̫̳̠̭̃͑̐̊ͣ̂̚͟e̴͚̭̥̜̙̠͈͉͉͊ͥͧ͑ͦ́ ̵̘̜̥̗̽̋ͥ̀hͪͤ͗̆̔ͫ̋͏̵͏̪̮̩̮̖i̧̛̜̾́͒̚v̈́̈́̿̀̄͏̥͕͍̯͍̙͍̰̕ȩ̡̭̬̲̤͕̃͗̕ͅ-́ͫ́͏̞͚̠m̲̖̈́̄̅̒͟i̳̻̠͔ͯ̌ͦ́̀͟ņ͙̬̯̹̱̤̰̹̈́̇ͬ̊́̏̌d̨̖̟̥̱̤͇̦͔̳̾̐̇̌ͦ͟ ̫̗̰͕̫̤͓̥̓ͭ̓̔ͥͦ̃̄͛r̸͖͆̇ͅę̴̗̲͓̳̭ͮͪ́p̪͈̺̮͉̘̰̗̑̿̅̽ͩr̥̻̠̀ͫ̇̐̓̽̿͌͝e̶̻̯̲͖̼̦̅̒͊̈́ͅş̡͚̼̲͉͋ͤ̄e̢̛̮̘ͣ̈́̊͗̾̇͊n͉̦͙̯͎̳̿͋̀̀ͮͅt̵̴̴͈̳̮̩̥͕̻̻̓̑̌̾iͣ̿̒ͥͮ̆̌̉͏͇̝͜ͅn̫̘̤̞̫̯̰͛̀͆̓̃̑g͖̝̠ͪ̎̿͑͊ͭ͡ ͕̲̯͉̩͖̦̗ͨ̏̇̕c̒̓́͊̉̾͏͖̞̹̳̞͞h̢͎̥͍̲ͤͭ̃̈́ͩ͞a̤̺̹ͬ̆̃̊̈́͂ͤŏͤ̓̑ͭ҉̸̻̯̜́s̵̮̞̙̰ͤ͒͋͂̽̚ͅ.̃̋̂̔̒̃̕͏͔̟͔͖̤ͅ
̧̣̙̞̤̱̱̭̪͈͒̌̋́ͬ̇͐̃͂́I͊̄̈́̔͛ͣͧ͏̫̹̝̦͈n͔̰͙̤͙̣̪̣ͤ͝͝vͦͥ̐ͥ̅̌̔̚͏̻̪̟͉͎̥̬̻ȍ̲̜̝̘̼ͦ̄͛̇̊ͬ̎͂̀k̬̭͍̲̪̱̱̪̑ͭ̒̀͢iͧͫͦ̄̽ͩ̅́҉҉̷̜ṅ̗͓͇̎̂̊ͥͭ́g̵͔̲̠̳̺̝ͯ̊̔͌ ̟̙̹̰̽̌ͣͣͮ͢͜t̟͗h̶̡̪̺̖̭͒ẹ̵͛̃ͬ̀̉̌̓͟ ̠̹̤ͬ̌̉f̶̛̦̥̲͍̱̜̂́͐ͥ̋̅e̷̢͔̣̟̽͂e͊̃̇͒͘҉̩̲̘l̷̛͍̤̘̲͙͌ͦ̑ͬ̾̀̆ͣi̗̳̲̰̞̫̫̣̇ͫ͡n̢̬̪̫̟̪͉ͦ̔̆͟ͅͅģ̛͍̩͈͖̆ͤ̍ͧ͠ ̱̼̳̙̟͖̰̿ͮ̈̀͠ớ̰̯͚̣̲͌̅ͩ̎̊͗ͬ͋f̸̵̟̭̯̞̺͙͂͜ͅͅ ̞̍͂̃͑̿́͘c̤̭̭̳̖̤̬̿ͩh̭̮̪̐̀͋͘͡á̵҉͉͖̬̭̪͟o̶̰͎̪̝̼̗̭̓͑ͬͅs̩̭̲̼̘̘̫͊́̔̓́.̝̤̱̟̫̻̩͓ͧ̽̿ͨͧͦ̊͜
̣̖̹̘̳̯̩̏̊̅̍̾W̪̘̜͍̪͔̾ͭ̾̂î̙̞̜̟̯ͣͅt̮̼͈̆̈̓͗̍̄͗͞h͓̰̥̻̲͇ͧ̑̊͑̚o̧̟̦̪͉̙ͥͬ̈ͣͮu͇̙̱̠͋͒̏̍͝ͅț͆ͫ͊ͯ͝ ͙̟ͣ̾̀̚ō̵̧̝̯͌̌ͦ̅͢r͈̗͎̗̜̬͊d̗̟͇̫̳̲͙́̅͘͜e̗̥̒͜r͚͇̪̺̿͗̍̀̕͢ͅ.̻̬͖̩̻̭̜̬͍̂ͧ͗͑́͜͢
̜͓͔͉͈̮̠ͭ̃̀ͣͦ̊͂T͕̼̜̩͊̿ͬ͌͟ͅh̸̢͉̯̣͍̲̙͚̃̾̌̑ͮͬ͞ě̳̥̠͘ ̛̱͓̗̤͎͑͛̽N̮̝̖͓̭̄͊̀̅ͦͤͧ̀͡e̔̽͗̄ͧ̔̑҉͖z̞̠̰̖̣͂̌ͧͮ͗͗͘͘͠ͅp̶̛͎͎͉̞̥̲̪ͣ̓̀ͧ̍ͅe̿ͪ͆̉ͫͪ̚͏̨̼̳͇̩͖r̈ͭ̉̄҉̡̞͢d̢̬̯͈̰̮̱͇ͦ̈͠i̶̜͔͙͈ͤ̿ͪ̈́ͬ͊͛͌̚͘a̸͙̬̗͌n͈̜̑̎̐͝ ̧̮̼̜̞̞̐̈ͤ͗̊ḫ̵̡͈̹̹̗̭͇̥̇͂̔̀̐ͯi̵̛͓̼̥ͬの一言につきます。

ところで最後のほう、モロにチンコ映っててえええって思ったけど、どうも場面から考えて”本物”ではないよな。双頭のアレだろ。アレ。

アレの話で〆。