Archive for 4月, 2015

天に唾を吐けば粉雪が

休みの日に雨が多い、という感覚は、平日は雨が降ろうが震災が起ころうが客先のオフィスで仕事しているからなんだろう。出かけようか、洗濯物を干そうか、などと思うから空模様に気を配る。さらに言えば、平日は帰路は日が落ちている。見上げれば空の底もあやふやだ。

昨年(2014年)の関東地方は、2月、北国出身でなければ恐らくは今までの人生で一番という大雪だった。空の底が抜けた、とかいう小説なかったっけ?夜の底が白くなったのは雪国か(読んだ事ない)雪国でもド雪国でなければ数年に一回あるかないか、そういうレベルの雪が東京を埋めた。今年は冷たい雨が何度か降った。やはり休みの日に多いように思うのだが気のせいではないんじゃ。もっと寒ければ昨年と同じことになっていたのだろうか。売れ残ったスノーダンプが店頭に並ぶ日は来るだろうか。雪の降る場所で売ればいいよね。桜の花びらを集めるなんてのだったら風情がある。ほら、雪月花というじゃない。桜の花びら30cm積もったら、得も言われぬ美しさ、なのは一日ぐらいで、あとは多量生ごみだわ。

唐突に話は巻戻る。師走もド師走というある日。東京都心。

勤務先のビル、トイレの窓からから遠くを見下ろす昼休み。同じフロアの他のテナントの社員も歯磨きなどしており、割と人が多い。じゅうぶんな時間とは言えない昼休み、何かみんなが慌ただしい。窓の外、ふたつ、みっつ先の通り沿いのビルを見下ろすに、屋上に備え付けられた社の前に数名の人影があった。並んでじっと立ち尽くしている。それだけで遠目にも随分と畏まった印象を受ける。きっと見えないところに神主でもいて、何かまつりごとが行われている場面のだろう。1分ほど眺めていたが、この寒さの中でじっとしているので、何かの息抜きに寄り添って雑談している、なんてことは、やはり、ないだろう。祝詞でもあげているに違いない。ごん太い空調配管の陰から、ちらりと何かが風に翻ったように見えた。同じくして、立ち尽くす細身のおじさまのネクタイが翻る。自分からは見下ろす角度ながら、あの屋上で地上数十メートルはあるだろう。流石に風が強かろう。こんな長いとか聞いてねーよー、とか思って寒さに耐えているるんだろうさ。

見上げれば晴れやかな空、見下ろせばグレーの屋上、激しくはためくネクタイが、炎から逃れようとする生き物のように美しく、静かだ。

その…一つ手前のビルに視線を移すと、補修でもするのだろうか、とび職たちがビルの外壁に足場を組んでいる。この寒さの中、吹き曝しで働くとび職は大変な思いをしているだろう。この界隈にお世話になり始めてからもうW杯二回分ぐらいになる。その期間ずーーーーっとどこかしらで再開発が進み、大きな新しいビルがぽこぽこと建った。こういうのはビル一個、ということはない。大規模開発というやつだ。周りのビルたちも、その工程がこれより始まるに違いない。とび職が仕事をしているあのビルも、きっと取り壊されるのだろう。となれば先ほど見たビルの屋上で催されていたまつりごとは、ビルを壊す前にお社をどこかに移す準備ということだろうか。

思えば我がアジトの最寄り駅前もまた開発が続いている。立ち寄ったことこそないが、何時も賑わっていた中華料理屋などがシャッターを降ろし閉店のお知らせを掲げている。ふうん、と通り過ぎるだけではある。通りを渡ればまたそこには外装が出来上がったビルがまたひひとつあり、シャレオツな店舗でも並びそうな1Fの面構え。このビルもあと何年かすれば壊されるんだろうか。想像がつかないな。多くの漫画やゲームなどで登場する東京の廃墟には、崩れかかったビルの姿などが並んでいるが、案外建物はそのままに、人間の姿だけがすかっとなくなってしまうような景色なのかもしれない。そういえば東京の風景写真で、人の映っていない写真を集めた作品があったな。こういうのってブッコフがお安く手に入るのだ。また行こう。

再開発とはジャンルが違うが、解体が進む国立競技場の景色がAKIRAの世界のそれだとちょっと話題になった。AKIRAもまた東京の復興とオリンピックなんて舞台背景がある。2013年のいつだったか、東京オリンピックの開催が決まった時、七年後に日本は残っているのかね?というテーマがちょっとだけ流行った。それから一年半、どちらともいえない空気のまま暮らしている。我々は熱気も安息もないままにお祭りのその日を迎える。ビルひとつと崩れぬままに、すぅと消えていく人々の。滅びゆくとはそれ、桜の如く雪の如く、足跡を残すことなく。

この国で活躍するのが夢だったんだ…。

人っ子一人いない競技場に長い影が一つ、逃れようとする生き物の如くに。