しゅんが終わればお亡くなり、

文章を書くことが趣味です、というと仰々しくてリアルライフ関連ではどこでも大っぴらには言わない~。もう惰性の感もあるけど嘘ではない。

最近面白い漫画に刃牙シリーズがあって、昨今のシリーズでは宮本武蔵を科学技術で復活させて、過去の一連のシリーズに登場した現代の猛者と一戦を交える、という話の筋になっている。という書き出しから何かをつなげようとしたのだけども、漫画の場面を思い出したら忘れてしまうほどに強烈なリシーズになっている…。毎度だけど、長いお話を書くのも読むのも不得手なのよー。はー桜が綺麗ですねー。よかったよかったー

冷静に考えると、文章を書きながら何をしているのが好きなんじゃないかという発想に至った。文章を書きながらなんぞ音楽でも聞いていたりすると、何の得にもならない時間の過ごし方、故に愉悦としたもんだ。洗濯機が止まるのを待つ間、人参に火が通るのを待つ間、電車で移動している間、最近(もうここ十年ほどしてないな)は全くしないけどお布団に潜り込んでから、またはお風呂にて。無尽蔵に溢れてくる”文章”を忘れる前に可視化するゲーム。可読化ではないので、図案だったりもした、というのも十年ほどやってねえ。文字を書き殴るのが趣味と言い換えたほうがいいのかこれ、書家か。しかしこうして皆様のお目にかかるようになってからは、書き殴るというのよりは不器用に海底をつつく甲殻類のような不細工さと死臭ただよわせて綴るものなり、あゝペンは剣よりも。

少し前に、震災から五年の月日が経ったと持ち切りだった。このブログのログを見返すと、2008年に始まっている。先ほどから十年、とか胡散臭くのたまっているように、実際面白がって文章を書くというのは10歳ぐらいの頃までさかのぼるんだけどそれはそれとして、このブログの歩みとしては2011年の震災以前と以降、以降のほうがその期間が長い。過ぎ去った日々にただただ驚くばかりだ。幸いして大怪我などもなかった。何かあったかと言われたら何もなかったと言いたくなる。長いお話を書くのも話すのも不得手。

覚えておくのはもっと苦手。故に細々書き記す。土にかえるまでのお慰み、振り返る事しかできないもののお嗜み、ゆえにもがりとしたものだ。私のお墓の前でRSSのフィードを読んでもないのに既読にしないでください。写真に動画に文字に残る。しかし今んところの仕組み上(※)、私がリアルお亡くなりになるとやや時を経てこのサイトが電子の輪廻に取り込まれる。具体的には読めなくなる。おもしろいじゃないか。

(※)要するに料金の支払が滞るためサービスの提供が止められるということです。

クラウドとは土にかえる仕組みの事なのです。人は大地を離れては生きていけないが、腐っているのは土なんです。

キリスト者向けの教会が教会たる要件はなにか。近所にあった教会がなくなったかと思えば少し離れたところに引っ越しており、この春からまた引っ越したようである。祈りを捧げるものあれば、そこに集う人のあれば何でもよいのだろう。集う人のためのものであることがわかるために、アイコンが必要になる。その教会は何かの店舗の営業所であったところに引っ越してきた。通りからガラスの引き戸を通して部屋の奥まで見渡せる。十字架が掲げられた棚のあたり、先月まで置いてあったのは営業許可証のような書類であったような気がする。都合の良いものを頂き給え、食っても痩せるものなどの類に心酔しましょう。

WE CAN CHANGEの人の出番もそろそろ幕を下ろそうとしているが、どうだろうか何が変わったのだろう。対岸の保険制度と金融ショックかしら。こちらの岸には飛翔体が降ってきている。外来語でミサイルと言います。中国もまた戦争を始めるつもりなんだろう。中東から石油がちゃんと入ってきますかねこれ。このタイミングでアメリカから石油のセールスが来ていませんか。何かが積もり積もって、何もなかったと、何も変わらなかったと言いたくなる。

仏陀よ遅いよ人類なら
はるかな昔に堕落したし
でっちあげとかほったらかしで
こじれてダサくてほどけない

平沢進:Rukton or Die

散らかし放題に生きており、お片づけほど苦手なもんはないが、そこに規律もノルマもないならば案外楽しい。名前は伏せるけど和民のような企業で働くハメになったような人とか、シビアな研究職とか、そんなものなんだろう。まあ世の中そんなうまくいかないもんで、効き目がありすぎるお薬の副作用で死んだりするように、一方を追求すると一方が貧する。走りつづけて死ぬか、寝転がって食われるか。嗚呼しかし、どっちかに針を振り切って死にましょう、なんて寂しくないか?

おっと。それを咎めないのが人生というやつですね。ははは。なんでも死ぬ、死ぬ、言っているのはこのブログのタイトル上の演出であります。まあその演出も散らかし放題に向きを変えて、いき、そこを咎めないのが人生というやつですね。はははは。

メールアドレスの整理などしていると、たまたまある情報にたどり着くことがある。具体的には過去にメールをやりとりしていた人の現在とかですよ。顔面帳とかのアカウントとか。うーん。どうするんだこれ。どうするもこうするもないけど、絶妙に「やあやあお久しぶりですね」なんて言いにくいもんだ。おほほ、おっさんの乙女心、見さらせうはは。顔面帳に足跡機能なんて噂が出たときには鬱陶しいと思っていたけど、足跡つけておくって行動も、あるしゅ戦略的であるように見える。ストレートに生きられない、それを咎めないのが、まあ、いいでしょ。

la.dot

TOSHIBAのIH調理器キター

amazonでぽちってさっくりと到着。TOSHIBAのMR-20DE(K)
というやつ。お値段が安いしシンプルで良い。複雑な料理などどうせ作らん。機能もシンプルでおk

目玉焼きが最初の調理になったけど、一緒に買ったのが取って付きの20cmぐらいの鍋なので、次におでんを作ることに。作るも何も、材料とめんつゆ放り込んで放置するだけなんだけどさ・・・。IH調理器って、結構稼働中に音がするのね。うるさいとまでは思わないけど。鍋もう一個買うか、フライパンにするかしら。んー。

【追記】ちょっと使ってみた感想など。これはやはり学生さんとかの一人暮らしに凄く向いてるなと思った。まず安い。もっと安いものもあるけど、機能とのバランスが手頃で良いなあと。んで、お手入れが楽だということ。ちょっと吹きこぼしたとかやらかしても、すぐキッチンペーパーで拭けばおk。ほんとにすぐだと火傷するけど。そして、ちょっと離れても不安がないと。一人暮らしはどうしても家事に取られる時間が多くなる。忙しいし、いろいろなことを同時進行しながらなんてよくあるよくある。洗濯機回しながらメールチェックしてskypeでチャットして、あら、ふと気づいたら火の海ですん(ω)なんてことがないのがすばらしいね。うちの子(娘)東京で一人暮らし始めるんだけど、どんくさくて・・・というカーチャンにもおすすめしたいね。

祖国2009

故郷であり実家であり祖国。今回は家族親戚以外にはお土産を買った店の店員しか口を利いていないほどの凱旋コンサバティブ。・・・だったんだけど、例年よりは濃ゆいお話もできましたか。21:00ごろに到着。まずは祖父母に挨拶。足を手術して入院してた祖母は、家の中なら一人で歩けるようになっていた。でもまた耳が遠くなったらしい。祖父も物忘れが増えたと。夏に帰省した時に、一人でぼんやりしている姿が目に付いたのでちょっとおかしいと思っていた。祖父の入院で気を落としているのは目に見えているんだけど、ウチの父はその辺は気付いていたのか疑問。父の苦手分野は「面倒見」で、理由は自分の思い通りにならないからだろう。それは自分が子供の頃から確信していた。・・・まあ、それはいいとして、自分は荷物置いて、軽く食事を取り、ちょっとまったりしたりなんだかんだ。

後片付けも終わったら、もう23時近かった。父は早々に布団に入ってしまい、自分は持ってきたノートPCでLAN繋いでインターネットなど始めた。母と二人で今で夜更かし。あれやこれやと地域の話題など。同級生の話題も頻繁にでるけど、いや、正直興味ない。母お手製のはちみつゆず湯などすすりながら、一時位まで夜話。そしてぬくぬくの布団で就寝。風呂はいってねえ。翌朝は普通に起床。誰も起きてこないので台所で朝飯製作してたら母が起きてきた。

夕べ寝る前に電話でアポとって、母の兄の家へ。従姉妹三名様が揃っていて、その長女の旦那と子供も居た。いやどうもおじゃましま。みんな子供をおもちゃにして可愛がるばかりで阿呆じゃなかろかと思ったけど、みんな血の繋がった親戚でありました、向こうが初対面で近寄ってくれないので母の後ろから怖い顔をしてみたら、もっと露骨に逃げ出した。わはは、ざまあみろw。

従姉妹が保険屋なのでちょっと相談。しかし、前日に母に急に言われたもんだで、まったく考えずに話を聞く。うーん。月々一万円ぐらいなら、とか言ってみたが、自分の収入考えるとちょっと高いようだ。保険は兎に角複雑でわかんない。折角身内が相談相手なんだから、あれこれと話せばよかったんだが、なにせよくわからんかった。一通り話して、振り返れば窓の外には夕闇。あと某外資系IT企業で働いている従姉妹ともちょっと話す。UNIX系のスキルならパねえほどに高いはず。ちょっと教えてくれやー。名刺を三枚置いて撤収。もらったパンフレットを置いてきたのでもう一往復。すっかり真っ暗に。

すき焼き的な晩飯。親父は仕切りが凄く下手で、仕切る振りして自分のやりたい様にやろうとして、周りに嗜められるというのを毎年やっている。昔は生意気で口達者な俺をずいぶんと嗜めたもんだけど、今となってはこのおやじは人の話きかない奴だな、と思う。おかげで毎年正月の帰省時に振舞われる鍋料理は、イマイチ美味しくない。鍋奉行なんてネタで言われるけど、素でやる人はあのように面倒なのですよ。困ったもんだ。

叔父が帰ってくるらしい。もう十年以上も会ってない。叔父の長男はもう20ぐらいのはずだけど、最後に会ったのは自分が東京で住む部屋を決める時に、宿として使わせてもらった時。正直、三日の昼過ぎには東京に戻るつもりでいたけど、叔父に会うために伸ばす。が、結局何時に着くのかわからない。なんだよそれ。しょうがないから母に車を出してもらい、お土産を用意する。慌しい。叔父は来たら来たで小一時間で帰るらしい。おい、人数分蟹鍋用意したんだけどー。せかせかとしたまま食事をし、集合写真など取り、叔父の子、二人にお年玉を進呈して、見送る。渋滞には間違いなく捕まるだろうなー。そしてすぐに自分も出発する。大童で忘れものが怖いけど、コレを書いている時点ではなにもない・・・。父の車で新幹線の駅まで長躯。

ところで、あまり考えずにお年玉渡したけど、自分の従姉妹なんだよな。歳は10歳以上離れてるし、相手は学生だし、そんな不自然なものでもないかと思うけど、どうなんだ。帰りの新幹線でちょっと考えてた。新幹線は混んでいたのでデッキに立っていた。それでもデッキに立つぐらいでおさまった感じ。座席の横まで人があふれることは無かったので想定よりはマシですか。立ったまま寝るなどしつつ、帰京。さて、明日は写真でも編集するかな。