楽器フェア

楽器フェアはある年からしょぼくなって行かなくなっていた。まあ楽器への興味もあんまりなくなったし。ふと、今度横浜のパシフィコでやると知ったので行ってみるかと思う。11/3-11/6だって。3日だけかな、行けそうなのはー。びみょうだなー横浜遠いしなー

楽器フェアのサイトはこちら

ありゃ、充実してるっぽいぞー。うーん、まようね。

さも当たり前のことを禁止しておいて、まるで自らの度量が故になし得たかのやうにいけしゃうしゃうと解放をうたいやがってクールビズ。またネクタイを付けろとのお達しに締め方忘れていないかと試したらあっさり完遂。ビバ。

同僚が子供の運動会デビューだという!!おお、家庭を持つというのはこういうイベントに参加することもあるんだなー。・・・えっ。子供まだ3歳にもなってねえだろ。なんだろ5mハイハイとかするのかな。まあ親御さんのビデオ撮影会みたいなもんだろ。

ケチャップ買うかと思いついて、帰りの電車の中でamazonでお得な業務用パックを買い、降りて五分後にはスーパーでカゴにケチャップを放り込んで一人で「あっ」てつぶやいてしまった。まあ買って無駄になるもんでもないけど。

VAST “Music for People” をお買い上げった。デビュー以来マンネリとも言えるし、デビュー時にビジョンが仕上がっていたとも言えるんじゃないか。ま、VASTはわりと心地よくて好きだ。

CD大量処分したのに

捨て捨て詐欺になりつつあったけど、一ヶ月ほどの間に都合300枚位は処分した。燃えないごみとして出した。一枚百円でも30000円になる。勿体無いと思われる人もいるだろうけど、自分はCD自体を大事にするような発想が皆無で、ケースはひび割れていたりするのがザラで。また、売れ線的なものも少ないし、買ったときから500円の中古で、汚いものも多い。きっと売っても一万円にならなかったと思う。袋につめてどさっと置くだけで処分できたのだから良い。実際は夜半のうちに誰かが持ち去ったようだ。それはそれで拾った人が売るなり聴くなり楽しんでくれればと思う。

何故かそれでも50枚以上は残っている。ざざっと見渡すと、ロキノン系の雑誌とかで「名盤」とか言われてそうなものばかり。しかも90年代のとかが多いw IonaとかActとか月乃潤とかマイナーものもあるしー、Pain of Salvation とか Alcestなんてーのもある。でも多くは有名どころの作品。今は亡きCD屋さんの店頭に、手書きのpopつきで並んでいたりしたものだ。ねー。名盤ねえ。「そういうのって詰まらないよな」、なんて思ってディスクユニオンの500円箱とか丸いシール貼ってあるのを漁っていた自分は何者だったのだろうか・・・。でも、ダンボールを見下ろして、たまの隣にU2が置いてあったり、とんねるずの隣にKingCrimsonがあったりするのを見つけると、・・・俺は何者なんだろうかと、ニマニマしながらおもうのでありんす。うなぎ美味い。

中島卓偉

中島卓偉というミュージシャンがustでライブ配信をしていると聞きつけたのが金曜の夜更け。24時間やるってことでどんなもんかと見たんだけど、なんか楽屋みたいなところでギター抱えてマイクも立てずに歌ってた。想像とぜんぜん違ったけど、歌手としての力量はとんでもないようで、良い声だった。気になって〆の時間間際の土曜夜も最後まで見てたんだけど、いやーこりゃすげーね。ただustにチャット流してたファンはどうみても十代女子とか多くて、30代のおっさんが混じっててすいません的な感じで。

オフィシャルサイトはこちら。