“Shutter Island”を観た

評判によればいろいろ謎解き要素が多い映画、ということらしいが、そんな前情報も一切なく観た。見終わってから上記のような評判を聞き及び、何か思い当たるフシがなかったかなあ、なんて振り返りながら、そしてちょこちょこ映画を巻き戻して再生しながら書いております。きっと、「作中に真実(=製作者の意図)に繋がるヒントが隠されていた!」という類の映画が大好きな人にはたまらないのかもしれない。ところが自分はそうでもない。あらま。

以下、確信めいたネタバレ~。

心の病により、孤島の施設に放り込まれた人々。そこへ、〇〇が失踪したと連絡を受けてやってきた刑事二人のお話…なんだけど、ドタバタして最後には夢オチみたいな展開に。これはどうやら、映画の観客が見ていた世界は、心を病んだ主人公の妄想の世界だった!…という仕掛けらしいんですが、個人的にはその説明に素直に納得できるかと考えてみますと。うーん、どうだろ。

妄想の世界の出来事だから何でもありなんです、なんて説明になってしまうんだろうか。全部妄想でしたー!みたいなの、江川達也のあの漫画じゃあるめーし。勿論、観客がいくらなんでもおかしくねーか?と思う場面はある。崖の途中の洞窟に人が隠れている場面とかそうだろう。

他にも細かく、注意深く見ていると、何か気付くことがあるという事だったんだろう。先にも挙げた、なんか合点がいかないところ。素直な解釈ではちょっとおかしいのではないか?と小首を傾げるところが、隠された真実とやらの扉なんだろうか。森の中を車で移動する場面が、如何にも合成してますというふうに見える点はとても気になっていた。プリオ様は売れっ子だから、なんかの製作上の都合でこうなったんだろうなんて思ってた。もしこれが物語の核心に迫る、意図した演出だったら驚愕である。でもどっちかというと、くだらないなーという感想の驚愕というか。

他に気付いた点は(作品見れば誰でも気付くが)冒頭、島へ向かう船上の場面から何故かタバコがなく、同行者に勧められたものを吸うとか、時折口にするクスリと飲み物。入院患者とのやり取りで渡される「RUN(逃げろ)」というメモ。このメモの場面があらすじの解釈を複雑にしているのだと思う。同行者も病院の人間であり、島にやってきたという部分から妄想というストーリーが暴露されるのだから、「 RUN(逃げろ) 」というメッセージのやり取りは、実に自然に主人公が部外者に見える。これが妄想だと思えるような仕込みはあったかしらはたして?

さて、真実(=製作者の意図)は如何にありや?というところなんだけど、ネタバレサイトで情報を漁ると、やっぱり「RUN(逃げろ)」のメモが解釈の分岐となっている、みたい。誰かが主人公を陥れて精神病患者に仕立て上げようとしているのか、あるいは主人公は病人でその妄想が続いている+すべて病院が用意したシナリオ通りなのか。だとすれば、まんまと製作者の意図通りに鑑賞したということになるのかねえ。どっちにしても合成っぽい森の場面関係ねえか。あれは本当に合成だったのだ。なんだよ本当に合成って。

もっと細かいところに言及されたネタバレサイトの情報によれば、制作者の意図は「これは病院の用意したシナリオで、みんなで治療の一環でお芝居をしている」というところに落ち着くらしい。つまりこのストーリーは夢オチではなく、ドッキリだったわけだ。そして、随所の細かい演技にも、これが病院のお芝居であるということが読み取れるだけの情報があったと。

ネタバレサイトを見直して、そういえば嫁が子供殺したくだりあったなーなんて思い出す程度なので、そんなところに気付きようもない。ナァニ映画なんぞぼんやり見るもんではないか。でもたまに、何かの仕掛けに気付くことがあったりして、それはそれでご満悦なんですよね。具体例は思いつかない。

このレビューの公開時点で、次にこれを観ようと思うストックがなくなった。そして最近は、ネット上でぼちぼち配信されている数十分ぐらいのドキュメンタリーが実に面白いと思っている。英語の聞き取り練習みたいなもんを兼ねる感じが良い。ここに挙げた映画のレビューもほぼ全部英語音声日本語字幕で観たんだけど、より一層、英語拠りになる。ゲームの配信なんかと違って、あらすじ程度は完全に把握しないと見た意味がないし、細かい表現が理解できないとその主張する内容を誤解する。イキフンはハードコアですね。やっていきましょう。

“沈黙”を観た

ウォッチリストに入れていたら、いつの間にかAmazonプライムの無料枠になっていたので慌てて拝見と。もちろん以下ネタバレ。

テーマとしては何をいまさら感のあるもの。「神は何も言わなくなった」なんて初期の大友克洋の漫画にも出てきた台詞じゃないかな。言わなくなって何年にもなる。これは1980年代かしらん。ニーチェという哲学者は「あいつ死んだんじゃね?www」などと言ったとか言わないとか。物語の舞台はキリスト教を禁じた時代の日本。とっても苦難の道でした~というお話。そういえばこの「沈黙」の原作である遠藤周作の小説は、ブックオフで買って読んだ事がある筈なんだが、何一つその記憶に結び付く場面がなかった。本当に読んだのかね。自分の記憶も何も言わないものでありました。

さて、現在、ここ、日本。

都市部では街中に教会を見かけることも珍しくはない。ご近所の景色を思い浮かべると…自分が日常的に徒歩で買い物でもする圏内に、二か所ほど教会の存在を確認できる。となれば、教会自体がそこまでレアだという訳でもない。それでも、”日本人で”クリスチャンという人には人生で二度ほど出会ったことがあるだけ。数は少ないよ。休日に教会の側を通りかかるとき、中で礼拝のようなことをしている様子を見かけたこともあるが、そこには西洋人の顔が必ずあった。映画の様になにか使命を帯びて日本に来ているのかもしれないし、単に日本に移住してきただけかもしれない。彼らのお仕事なのか日常なのか、何とも判別は出来ないが、いずれにせよ教会でのイベントごとを日本人だけで何か行っているという印象がない。現代の日本でクリスチャンが一般的である、とは言い難く、なんなら物珍しいぐらいは言っても誤りではないのではないか。

大航海時代の幕開けと共に、教会の関係者が現地を訪れ布教を試みた筈の地域は、現在どうなっているだろう。日本もだいぶ時期がずれてはいるだろうが、アフリカとか南米と同じように教会関係者の西洋人がやってきた地域ではある…。当時日本の様に諍いがあっただろうか。今は南米、南アフリカはキリスト教に染まってしまった。日本ではそうならなかった、その原因を、作中のような江戸時代の政治的判断だけに求めて良いものだろうか。いや、その疑問に答える趣旨の作品ではねえと思うんだけど、この宣教師を野良のクジラに見立てたような思想をする人がですね、云々。

作中の「英語を理解する日本人が沢山いる、なんなら貧しい村にも」という設定は映画の都合すぎてズルい。サイヤ人が地球の言葉理解するみたいな。もうエスエフを感じてやまない。そんなわけねーだろってなる。他の村と道が繋がってないような海沿いの山間で…。当時は文字だって読めない人が殆どだった、というのが自分の知る処であるが、どうだろう。ま、そのぐらいのご都合は映画なんだから世の中にいっぱいある。あるんだけど、この宣教師と日本の人々のやりとりは、この作品のメインの部分じゃないかと思う。それをこんな違和感を覚えたままで消化するしかないのか…。あっ。よく考えたら原作があるじゃないかこれ。原作もこうだったんだろうか。ポルトガル人(?)が日本に来て英語で農村の村人と会話する。史実はどうだったんだ?キリシタンは実在したんだろうけど、宣教師と会話??

映画自体は面白いと思うけど、”転んだ”宣教師とのやり取りの場面もなんとなく迫力欠いたなーとか思ったり、先に挙げた言葉の問題もあったりして、いまいちスッキリしなかった。エスエフではなくてもフィクションではある。わかっているけども。文字表現だと何故かペラペラ会話が成り立っても、その描写を読むこと自体に違和感は憶えない。ところがこうもはっきりと映像にしてしまうと怪奇にすら感じる。胡散臭いわ。史実はどうだったんだ。宣教師など来ていない、ぐらいのほうが真実味があるのではないか。

クリスマスがもう近い。結婚式はチャペル、新年の祝いは神道、死んだら仏教。柔軟なのか節操がないのか混沌なのか。100年内戦が続いても元首は形式上は敬われ、おそらくは面倒事を押し付けられるような恣意的な利用されたりもしつつ、曰く、少なくとも1000年の歴史がある。まもなく200年ぶりの譲位イベントだ。それが神様扱いでもあったんだってさ。人間である、などと宣うも、未だにその位のものだけが執り行う宗教儀式があるとされている。あの神父たちはどう思うだろう。

えーと、その他作品の内容としては音楽がやかましくないのがとても良い。あとイッセー尾形もさすがに歳を取りましたね。しかし兎に角、スムーズに会話がされている事自体の違和感は日本人なら拭い切れますまい。これにつきるかなー。

“帰ってきたヒトラー”を観た

これはたまたまなんだけど、「沈黙」と続けてこれを観た。神は何故に黙ったままなのか、という作品と並んで総統閣下が庶民をまくし立てる作品を観るというのはより一層愉快でありました。もちろんネタバレ。

さてさて。これは風刺色の強いコメディという枠の作品ではある、と思っている。ヒトラー今ここにが戻ってきたらどうなりますかね?というテーマ。史実を知るものであればそら何か起こるでしょうという目論見となります。ええ、今ここにヒトラーが。

「いやあどうなるんだろうか」

映画の設定ではなく、ここに、街中に。貴方の隣に。

「えっ」

街中にヒトラーが出て行って会話する場面で、時折顔にモザイクがかかったりするのは、そういう演出なんだろうと考えた。つまりはいわゆるエキストラの人々であり、本当にそこいらの市井の人々ではないと。だってドイツではナチス敬礼の真似しただけで処罰の対象って言うじゃないですか。そんな明示的に表現の自由を制限するの、実は珍しいことなんじゃないの?そうまでして否定したい(しかし勿論無かった事には出来ない)出来事だという訳であります。街中に登場しても、当然カメラがいてクルーもぞろぞろと一緒に歩いているんだから、何か撮影中だとは理解するだろう。悪趣味で恥知らずで教育の足りてないユーチューバーの仕業と思うかもしれない。やはり、無関係な人々は、この度が過ぎた作品の関係者だと思われてはたまらないという感情になるかもしれない。ということは演出でもなくて、本当に顔を写してはマズイという意味のモザイクか?

はて?と頭の片隅では疑問に思いつつ続きを見ていると、後半には極右政党の人物本人が登場し始める。名前ググったわ。実物じゃねーか。ええ…これも台本通りの演出ですよね…?自分は打ち合わせして置いて、画面ではしてない体って演出は嫌いですよ?

こうして見ているうちに、街中の人々の何処までが仕込みで何処までがアポなしで本気なのか訳が分からなくなる。どうなってんだこの映画。気は確かか。いいぞもっとやれ、やいのやいの。どっかにメイキングの映像でもないものか。撮影クルーは襲われたりしなかったのか。

大人なら一度は、ヒトラーがどのように支持を得てあの立場に収まったかをおぼろげながら聞き知ったかと思う。ナチス政権下での国内政治は実に規範的に上手くいっていた的な話も一度は耳にしただろう。自我の薄い気真面目君に「我が闘争」を読ますとああいうものに染まるからやめておけ、みたいなアドバイスをどこかで耳にしたことは?

この映画では、もし彼が本当に戻ってきたら?こうなるのではないかという予感を現代を生きる我々にぶつけてくる。くだらないジョークや映画的愉快な演出でパロディの体裁は保っているが、見ていると、これは起こり得ると確信を抱いてしまわないだろうか。この思いは破滅なのか?希望なのか?彼は実在したのだ。

フィナーレではオープンカーに乗って街を行く。見かけた人々はどのような行動を取るか?なんでもSNSで拡散されていく昨今、撮影はこの場面が最初に為されたんでは?と訝しいほどに人々のリアクションがストレートだ。それが現代あの土地で生きる人の自然な感情ということであり、彼の面影を模すること自体への評価なんだろうか。

総じてあの体験は人類にはネガティブなものだったという事になっている。一方で、”どちらか”に都合の良い事ばかりが取りざたされてきただろうことも事実だと思う。そしてこの映画で採用された場面も作り手に都合の良いものばかりだという事を忘れてはいかんのだが…。ともかく!時を経たからこそ言えることもある。さあ思い出を語ろうじゃないか。まだ語れる人はいるかい。

…いまだに顔写真の一葉で人類の歴史の一つの象徴だ。全く以て総統閣下は、—-。

「築地ワンダーランド」を観た

思いのほか良作で、心の底がふわりとあったまる感激を覚えた。もちろん本作もAmazonプライムの無料枠で視聴。

最近移転してしまった築地市場を、結局訪れることはなかった。勿体ない話だ。刺身大好きなのになー。このドキュメンタリーはもちろん移転の前に撮影されたものであるが、移転の話に揺らいでいた時期でもあったのかもしれない。コピーライトには2016年とある。どうたったかな…?

作品のテーマは「仕事場を覗いてみよう!」という社会科見学ノリに留まらない。お魚のドキュメントというと、ベーリング海のカニ然り、船の上の漁師に物語が集まるような印象もあるが、ここでは”市場”の人々が中心である。水産会社、仲卸、板前、シェフ…。その歴史に魅せられた人々、給食に関わる人々…。

淡々と仕事をこなす様が静々と描かれる。世界一の鮮魚市場と幾度となく紹介されるも、画面は実に穏やかだ。ただの騒々しさは描かれない。仲卸人も、板前も、静かに力強く、築地の人々同士の信頼を、仕事の日々を語る。まるで史蹟の護り人。何度となく、漁師が命を懸けて獲ってきた魚を扱うその使命の重さを語る。そら実際のところ、現場では荒々しい場面もあるだろうけど、本作ではそういった一面を、落し蓋で閉じ込めることに成功している。とろ火。祭祀を眺めているようですらある。

これは実に良作で、お勧めです。くだらないジョークのないレビューと仲買人はは信用できる。ますます足を運ばなかったことを後悔するばかり。

「シチズンフォー スノーデンの暴露」を観た

アメリカ政府の”仕事”を世界に暴露したスノーデン氏のドキュメント。ドキュメンタリー映画制作というより、報道の舞台裏を眺めているのに近い感覚。世界を動かしかねない情報の密告者から直接コンタクトを受けて接触する…想像したくもない緊張感。ビシビシと伝わってくる。と同時に、ネットスラングで言うwktk感もみゅんみゅん伝わってくる。

自分は、この一方が報じられた時も何故か大して興味を示さなかった。なんでだ?ともあれ、この映画を観てみました。以下ネタバレ…というか公開された事実でネタバレもクソもねーか。

監督とメインのインタビュアー、この二人とスノーデンが主な登場人物となる。作中で「ローラ」と呼びかけられているのがその監督。知らないとカメラに映らないところにローラがいるのかと思ってしまうが、監督なのでそりゃ現場でカメラの後ろにおりますわ。二人とも過去にスノーデン氏が興味を示すような”仕事”をしたからこそ”シチズンフォー”から情報を提供する相手として選ばれたという経緯と紹介されている。

政治的な立地を利用して、場所は香港のホテルの一室。初めまして、と正体を明かすところからすでにカメラは回っている。この緊張感はとんでもない。ゴルゴ13じゃあるめーし、本当にそこらのホテルの一室でこんな世界を揺るがす会話が為されたという事に驚愕してしまう。会話している最中に、部屋の電話が鳴る、火災報知機が鳴る…ホラー映画の如くに、ぞっとする。対立するのはアメリカ政府とわかっているんだから、電話に出たら部屋にミサイルが撃ちこまれても不思議ではない。作品の後半になるとスノーデン氏の顔から生気が失せているのが分かる。目の周りはクマだらけ。映画になっていない部分でもいろいろあったことが伺える。映画はこれといった結論など出さずに終わる。世間が騒然としているままでの作品公開なんだから当然といえば当然。

さて。氏の主張はどちらかというと極端に自由に寄っていると思う。個人的には如何にもアメリカ市民の訴えだ、という印象すら覚える。権利がある!銃を持たせろという人々と同じような。政府を監視する役目がある!とか都合のいい時に言い出すような。自由に議論が出来なくなる、と主張されても、その点に関してはピンと来ないんだよね。それに…なんだろう、インターネットのサービスプロバイダでも同じことできるんでは?って思ってしまう。実際できる。(※映画の中では監視はインターネット通信だけに限った話ではない)

ぶっちゃけて言えば、そのぐらいの事が出来る権限が政府なりにあったほうが、一般市民にはまだメリットたり得るんではと思う。ツイッターなりfacebookで阿呆みたいに各個人の情報が流れているのを常日頃から見ていると、監視言われましてもねえ。

何にせよ自分が巻き込まれるまではピンとこないのが人間の業だよきっと。試しに以下酷いこと書いて、監視やら検閲が行われているか試してみよう。ちゃんと表示されるでしょう。

い̵̨̢̨̧̡̡̧͕̲̼̟̹̘̪̱͔̩͈̣͓̭̗̣̰̤͖̬̦̥̟̻̮̭̣̮̰̦̱̪̗̯͙̱̗̳̥̙̘͇̪͎̘̱̹̜̗̜̰̜̱͉̩̱̘̣̣̹̳̗̺̺̠͙̱̮́͑̎̀͐̑̈́̂̎̿̈́̑͌̎̌̂̀͂̋̋̅̓͐̃͋͂̔̀̈́͗͐͌͐̅͛͋́͊͂͗̄̓͋̾̌̋̊̅͆̈͌̊̓̅̎̃̊͆͗̍̆̌̿̈́̽̓̏͗̓̎̀͋̿̇͋̋͗͌̓͗͐̈́̑̓̂̕̚͘͘̕̚̚̕̕̕̕͝͝͝͝͝͝͝͠͝͠͝͠͠͠ͅͅっ̴̛̬̬̼̓̂͊̉̓͌͌̆͂͊́́̊̈́̓̀̈́̿̌́̃̇͛͌̒̌̌̀̎̊͂̏͋̍̇́̌̾̂͊̓̈́́̅̅̽͛͑͌̐̏̈̄́͊̈́̓͆̆̉̓̔̌̌̐̂̆̚̕̚̕͠͝͝͝͝͝͝ͅそ̴̢̧̢̡̧̧̡̢̧̧̢̥̥̯̯͍̱̱̻̣͇͎͚̯̗͖̜̼͚͔͚̬̬̘͍̹̲̘̲̭̘̥͖̦̗̤͔͈͉͖̱͇̦̬͈̱̤͖̤͙̠̜̗̹͙͕͇̺̳̹͙̥͖̞̖̝̦̱̼̺͙̟̯̱͉̮̗̯̣͕͍̥͑̍̊̔̀̽̾̊̄̓͒̀̀̅͋̏͗̽́̋͑͂̍͆̍͊͐̃̆̀̑̎̍͗̉̅̓̚̕͜͜͜鳥̵̡̧̧̧̨̨̡̧̨̧̡̧̧̢̢̛̛̛̛͇̻̱̰̟̟͚̠͚̟̻̘̺̟̝͉̥̳͇͓͍̱͈̜̱̰̲͔̹̟̳̖̱̳͖͔̰̞̜͙̬̠̣̭͕̭͙͓̺̖̰̞̲̱͚̙͎̫̺̠̫̮͍̥͙̟̭̹̪͉̲͍͎̝̬͍̜̤̭̥̟̮̺̯̭̱̘̘̖̥̗̹̲͕͙̤͍̥̜̱̙̙̟̹̺̯̠̹̞̣̬̹͇͓͉͎͍̯͈͍̜͙̅̾̍͌̇͂͂́̇̋̂́̂́͗̈́̉͛́̍̾͊͂̃̓̍́̓̓̌͋̈́͂̀͊͋͂͒̆̈̆̀̑́̌͊̐̑͑́̂̾̔͋̈́̈́͗͆̆̓̌̀̒̎̅́̋̃́̈̈́͐̇̀̉͒̋̿̋͑̃̃́̾́̍̐̑̆̌͋͛̂̆̀͆̀͛̿̽̿̾̉̓̾͌̾̑̽̽͗̽̈̿̓̄͂͘̕͘̚͘͘͝͠͝͝͝͠͠ͅ肌̵̡̡̢̡̡̨̢̢̨̢̢̨̛̛̛̛̥̼͉̥̹̯̙̮̜̖̱̺͈̲̘̬͇̫̮͓͓̼͇̭͇̼̰͎͔̬̼̙̦͉͖͓̭͕̘̤̠̦̳̯͖͔̹̮̜͎͇͚̝̱͚̻͈̬̬̥̲͔͓͙̙̻̦̩͚̘͉̫̝̹̯̗͈̤̫̘̹͕͙̝͚̣͚͇̻̼͎̻̩̱̻̥͖̦̣̙̹̤̺͎̰͚̼̬̬̝̯͎͇̠̗͍̲͎͍̹͈̼͙̯̲͙̯̺̯̼̻̘̬͋̓̓̈́̒̑̅́̈́͆̓͆̔̆͑̐̈̈͂͂̉̾̋͂̑̔̄̈́̌̓̾̆̈́̂̆͛͛̓̍͒̎́̐̔̑̄̈͂̎͐̄̾̆̋͌̃̎̐̉̍̉̒̌̓̂̃̆̎͐̒̂̄̈́̓͆̽̌͗́̒̀̎͋́́͑͛̎̒̄̂̊̓̉̅̎͘̕̚͘͘͜͜͝͠͝͝͝͝͝͝͠ͅͅ実̴̧̢̢̨̧̧̲̝͔̙͎̜̞̱͔̜͚̤̮͔̜͙̻̘̦̠͔̲̳̖̤̟̤͚̬̮̠͈͈̮͈̹͍͍͕̮͎͎͇̯̩̼̺̮͓̞̹̫̖͙̥̄̈́̊͌͋͗̈̌̾̈́̈́̐́͑̃͑̔́́̆̔͒̄̾̎̓͊̏̎͆̐̆͌̐͒͒̾̓̋̋͂̎̄̈̎̐͋̑̌̈́̇͗̿͂́̊̿̈̾͌̎͛̒͋̈́̆͋̒͐͆̓̈́̌͋̋̈́͒͌͐͑̎̌͛̑͌̆̓͂̀̍̽͊͂̋͊̎͂̄́̑̽͊̀̕͘̚̚̚̕͜͜͝͝͠͠͝͝͝͝͠͠͠を̷̛͇̳̠͎̤̄̌͗͌̀̿́́̇̿̿̍̍̉̈́̈́͋̾̍̽̑̈́̎̌̑̒̑͊̉̓̾́̃̅́̀͑͛̏̒̋̅̅͒͗̄͠͝͝首̵̧̢̨̡̛̛̛̬̗̮̫͈͖̘͖̖͔̥͍͖͕̮̑̎̂͗̌̀͆̈́̓̉́̋̽̾͛̎̓̐̏̃̍́̈̃̀͗̀̍̏̊̀̀̈́̅̂̾̿͊̏̇̌̎̊̅̿̿̍̾̈́́͋̒̂̎̽̌̑̌̈́̀̉͐̓̽̊́̓͛̆͒̒̏̒͑̌̒̿̿͂̑́̈́̑̆̉̓̽͂́́͌̆̑̎̐̒͂̂̋̈́̋͐̋̇͆͑͌̿̓̑̓̿̓͗̾̐̂̍̈́̿̈́͋͌̚̚̕͘̕̕͘͘̕̚̕͘̚͘͜͝͝͝͝͝͝͝͝͠͠͝͝͝ͅͅ相̸̨̨̨̡̧̡̧̦̠͖͎͉͔͔̟̩̳̗͓̦͓̦̪͕̘̯͉͇͓̗̠͙̟͈̫̝̖͓͎̼̘͉̱̜̠̻͕̫̲̱̜̯̲̪͔͕̜̞̺̪͉̱̲̣͔̺͈̣̞̖̣̠̹̭̳̬̪͕̳͔̗̳̙̬̩̮̬̤̯̱͓̜͆̓͘͜͜͜ͅに̴̧̧̧̧̢̧̛̗̪̤̮̘͕̜̼̻̮̩̣̺̤̯̗̠̘̗̦̬̖̹̲̲̥͚̮̖̤͓̠̬̱̱̳͕̦̘̦̦̻͉̖̥͖̟̳̝̗̬͚͔̠͚̞̲̬͖̟͍͕͕̳̗̯̰̜̆̓͆̍͐̄̑̔̍̔̆͑̐̉̈́̀̎̾͊̉͋̔̅̈̑̂̃͋̌͛̌͆̆́̐̉̀͑͌̏̾̓́͌̏̊̃̈́̉̈́͆̒̆̈́̑̒̌̏̀͂́̾͛̃̾̄̓͗̀̔͐͂̒͋́̉͑̈́͋̐̔͛̀̓͘̚͘͜͜͠͝͝͝し̷̢̡̡̢̧̛̛̖͚͙̪̘̥̟̗͙̝͙͚̦̤̜͙͓̱̙͚̭̹̥̼͙̗̭̟̟̗͈͍̙̻̳͇̦̲̂̆̿̄̿̅͑̋̽̆̊̉̽̆͂̈́̔͒̅͋͆̃̋͂̂͗̋̄̍̿̉̏̑͊̀́̄̊̑́̈̌͂͗͒̂͛̑̍͒̃͊̀̊̇̀̊͛̓͋̂̌̅̓͋̾̃̀̈́̅͗͋͊̎͗̃͑̑̑͒̇͌̋͗͊̽̑̎̉̍̈̈̐̆̈̎̐̐̆̀̐̎̓̔̑͐́̿̎̌̅͒͋́̒͒̈͊̆̊̈́̓̾̎̂͂͐̎̈́͆̆̾̉̏̽͐͒͑̊̊̂͛̃̔̇̀̍̿̂̿̉̈̓̈́̆̆̏͘͘͘͘̕̕̕̚̚͘͘͘͝͠͝͠͝͠͝͝͝͠͝͠よ̵̢̧̡̡̨̢̢̨̡̧̢̧̢̡̨̧̢̢̛̛̖̤͙̟̙̗̝̘̫̮͙͔̰̰̦̲̫̰͈̲͍̖̗̺̮̦̰͓̹̞̜̻͕̱̦̗͈̙͓̹͉͖̙̱̘̰͎͖̩̬̘̥̖̪̼̠͖̯͔̥̜̩̯̼̻̱͓̭̮̪̹̠̰̘̥̺̱̤͖̜̜̦̱͕͔͖̮̦̭͙̤̰̳̦̫̻͕̥̼̙̖̯̻̙̠̺͇͈̗͖̞̘͕̠͉̩͎͉̺͎̭͓̗̮̹͇̻̤̳̝̃̏̉̀̈́̅͊́̑̓̔̐͊͑͑͗͑͌̈́̆̈́̾̆͛͊͑̈̑̅̈́̌͌̀̑̋́̋̊͌̈́̒̄̽́̅̀̈̔̈́̓̂̈́̍̉̇͂̽̈̂̓͂͆̎̊̎͘̕̕͜͜͜͝ͅͅͅう̵̨̨̡̧̧̨̡̢̢̛̛̛̘̜̟̻̦̪͇͇͔͙̲̳̖͕̤̯̬͕͎͈͍̳̖̭͍̮͈͚̟̖͍̖̙͔̙̜͓̪͖̖̗͕͍͓͎͓͇̥̣̝͙̟̝̥̳̹̝͕̥̘͖̤̥̤͎̩͖̤͕̩̺͕̖̙͈͈͉̺͍͉̫̘̮̫͖̯̜͍̠̼̜̖̫͍̜̝͚̣̙͇͙͎̤̝̙̙̣̞̠̙̳̗̼̬̘͍̼̲̗̗͙̟͉͕̭̘̯̫̫͍̝̲̺͚̖̼̖̻́̈́̏̀̾̅̆̈́̇͌͐̉͛̽̆̈́̊̈́̓̑̈́͒̄͋̈́̎̀̀̒͌́͂̈́̓́͒̊̿̉̿͌̊̈́̓̈̊̍͆̂̒̇̿͐̊̿̏̀́͆̅̈́̎́͋͗̓͒͂͑͊͌͛͋͗̾̿̌̍̑̑̓͐͛̓̅̄̋̍̂̎̓̔̽̄͛̄̂̎͛̾̆̏̇̀̃̓͐̔̔́͑͒̿̈́͊͋͆̈́̓́̍̇̂̃̕̚̚͘̚̚̕̚͜͜͠͝͝͝͠͠͝。̵̢̧̨̧̧̧̡̢̡̛̛̛̹̙͎̪̹͓̥̫̜̬͓̬̤̹͇͈̮̙͎͙̯̳̯̠͍͍̖͇̟̪͙̯̜̺͙̻̬͍̜̫̩͈̘͚͔̜̺̬̪̹̖͇̹͙̰͙̩͎̦͖͔͇̟̞̲̞͉̭͙͍̝̻̱̦̻̮̦̼͎̰̮̦͓̭̘̬̗̫͚̳̮͔̗̯͖̮̫̥̬͕͇͓̜̻̹̱̝͎̼̰̯͔̤̼̲͕̥̳͓̲͇̬̼̹͇͎̩͇̞̦̫̯̥̬̗̥̭̺͇͔̥̪̦̭̋͌̽̓́͛͆͌̓̍̃̌͋̐̐̿̆́̈́͐̒̃̈́̏́̉̎̾̀̾̊͑̀̌̌̓̎̑̃̈́̆̔͒́̈́̓͆͛̀̈́͊̈́̈́̀̈̌͊̏́͂̀̾̔̽̈́̊̔͆̀̐͊̈́̏̄̈́̾͌͋̅̃͑̐͛̌̅̑̓̎̚̕̕̕̚̕͘͘̕̕̚͜͝͝͝͝͝͠͠͝͝͠͝ͅͅͅͅͅ実̴̨̡̨̢̧̢̢̡̢̧̛̛̛̛̛̬̦̩̠̰̳̺̳̟͕͖̞͇̰̮̬͚̥̰͓̩̞̩͓͚̬̱̮͈̪̪̞̮̦͉̜̘̰̳̻̻̞͔̳̭̺̭̥̝͓̞̻̊͗̀́͒̈́̀̌̎͛̋̈̐͌́̒́̍̇̓͋́͒͒̑̔̔̀͆̏̋̀̈́̃͆͛̔̅̓̽͂̇̔̉̈͑̈́̈́̊͆̃̆͌͗͆̐͒̌͊͂̀́́̃̓̀̑̃͑̾̈́͋̇̋̑͑̽̉͛̓̓̾̾̀̀̆̌̾̈́̂͗̾̇̿̄͗́́̃̂͗̂̋̍͆͆̉̇̈́̈́́̍́̋͊̏́̇̅͐̑̌̉̈́̀̆͒̋̑͗͒̉̅͌̏̂͂̆̿̀̄̃̿͋̈́̆̔̈́̅͌̓̑̍̒̔̇̃̋̑͊̄̒̐̆̕̚̚͘͘͘̕͘͜͜͠͝͠͠͠͝͝͝͠͝͠弾̴̢̡̢̛̛̛̛̛̛͍̘̝͔̠̫͙̰̠̬͔̮̩̞̬͓͈̯̗̣̮̮̻͕͚̩͉̖̹̳̬̘̩̝̪̲̠̟͓͖͔̩̭͓̺̤̱̲̘̮̪̱̻̞̼͇͎̤͖̋̎̍̂̀̀̿̈́͂͆̋͗̐͛̎̓̂̐̿̆̾̏̀̿̓̾̇͆̑̽̎̀̀̍̌͐͑̐̆̍́̑͋͗̈̌͌̑͛͒̋͌̀̾̌̽̐̀̆̿̽̓́͛̍̽̾̀͑̔̋́̓̀͂̒̿̊͒̒͂̐͑̈̉̍̀̓͆̽̍̉͒͑͊̍̋̈́̉̾̊̇͒̋͒͊̔͛̈́̃͑̒̈͛̊̉̒̔̌̀͑̾̾̍̈́́̓̋̾̆̍̄͆̃̉̾̉̏͆̃͗̈̓̌̍̾̒͋̚̕͘̚͘̚̚̚͘̚͘̕̕͜͝͝͠͝͠͠͝͠͝ͅͅに̴̢̨̧̨̢̨̡̡̛̝̲̲̤͚̖͇͙̥̗̹͉̹̜̤͙͈̪͖̻͙͔̞͇̙̲̭̗͍̟͖̣̣̟͖̰̹̟͍̲̯̼̞̪̼̙̣̳͔͇̙̗͕̝͇͓̺͍̹͓̤͈͙̞̓̈́͋͌̊̂̎̇̋̓̌̒̈́͒̓̃̽̾̑̀͐́͑͋̾̒̓͋̑̈́͋̈́͋̾̈̏̆̿̀͆͆̄̌͛̿͌́̌̋̽̅̆̃̎̄̃͋̓̆̌̀͆̅̿͗̽͐͒͐̾̍̏̽͑͂̈́́͊͌̎̒̏́͌͆̚̚͘̕̚̕̕͜͝͝͠͝͝͝ͅͅよ̴̡̧̢̨̨̢̧̨̨̡̧̡̢̡̨̢̧̛̛̛̛̛͔̣̟̥͉̱̤͙̰͎̣̻̗̟̦͚̮̗̜̦̱̹͈̘͖̩̙͉̞̫͍̹̥̹̜͍̜͚̖̭͉̲͙͔͍̫̺̰͎̯̝̺̱̦͙͔̱̳͔̠̼͈̟̭̣̹̦͚̹̩͎̙͚͓̭̲̘̭͖͉̥̲̟͖͎͇̤̻͉͎͎͔̣͉̼̱̟̖͔͚̲̬͕͈̪̤̩̝̣͕̦̬̭̦͈̣̪̮͎̼̲̻̲͚͍̞̥̤̺̥̬̐̃̽̀̈́̔͌̈́́̆͑̒̏̎̽̔͆̆̂͛͐̀̐̓͐͊͌̆͑͂̔̊̃͑́̇̓̂͋͛̇̏̎́̿̾̈́͂́̈́̾̃̿͆̒̉̓̄̊̆̓͊̏͊̆͋̏̿͗͗͗̅͆̍̾̾́̿̿̈́̈̂͐̉̍̃̃͊̋̅̇̾̀̓͐̊̒́̇̋̍̈́̏̓͊̌͋̈́̌̌̏́͗̓͘͘̚͘̕͘͘̕̚͘͘͜͜͠͝͝͠͠͠͝͠͝͝͠͝ͅͅͅる̶̗̱͉̻͎͙͔̳͈̞͈̠̪͔̙̪̪̦͉̼͕̣͉̤̙̹̄̏̅́̆̃̂̇̓͋͌̿̌̓̒͌̀͛̾̒͜͝全̴̧̧̡̢̡̨̧̧̞̫̞͕̻͖͇̦̠̠̦̞̳͍̲̘̳̹̜̯͖̤̪̗̜̘̦͔̭͓̥̦͉̦͈̗̻͍̫̝̼̟͎̪̙̺̝͕̱͉̳̰͎̥̘̺̮̲̥̭̰̀͌͆͋͂̍̌̂̈́̄͋̊̃͐̉̿̓̐͗̅̒͛̑̋̆͂̆́̍̂͛̔̍́͗̐̾̆̿̈́̈̈́̑̐̓͑̑̈́͋͂̈̓͋̄̃͂̑̽̾̾̆͆̏̈̈̽͘̚̚͘̕̚͜͝͝͠͝͠弾̸̧̨̧̡̧̧̡̨̨̢̨͎͈̳̰̣̞̫̹̺̳͙̖̱͚͇̞̞̟̜̦̬̬̦̺̣̝͉̖̖̬͙̹̲̭̥̻̝̪̙̭͕͎̫͓̩̞̰̜̞̙̖̖̰͚̭͙̞̭̭̞͍͓̦̭̠͙͙̩͚͙̭̯̼͇̬͖̟̞̝̝̤͉̰͈̦̲̬̺̼̗͍̘̿̓̒͆͐̽̈́̌̈̅̀̒͊̀͊͐̾͛͋͒́̑̋̔͑͐̀̊̚͜͝͝͠͝͝͠ͅͅͅ撃̵̡͙̘͉̺͇̅͊̀͌͑͌̀͑̆̃̈̿̈̔̑͛̌͌̓̿̽̂͊͑̉̐̏͊̓̀̋̈́̈́̆̓̾̽͌́̀͗̿͘̚͘͘͝͠͠ち̷̢̧̨̡̢̢̡̧̧̢̨̡̡̧̡̢̧̢̛̛̛̫͓͓̹̞̱̘̙̬͔͎͎̲͓̯̪̪͚͔̲̼̜͇̰̪͍͚̩̩̥͚̲̥̟̮̼̠͙͙̠̭̮̮̦͎̰̰̱͙̘͕̩̟͉͖̖̭̝͕̠͉̩̜̦̠͖̰̜͍̘̞̯̟̖̫̩̲̤̦̦̙̲̖̭͇͍̬͍̪̳̻̖̩̻̬̰̯͙̺͙͕̳̱̟̹̱͙͇͙̞͎̜̦̻̤̼̬̱̠̲̤͚̥̼̪̗̜̺̘͚̳̟̯̗͕͉͍̞͍͇̤͉̗͓̥̖̗̙̪̩̖̑͋̓͌̌̐̓̽͆̊̃̀̐́̓̀̆͗͐̾̈́̌̾͗̌̃͗̿̉̆̓̈́̐̆̈́̍̒̋͆̋͒̊̇̽̆͂̉̇͌̅̎̆͒͐͒͐̉̉̀̍̇̐̓͑͒̂͊͗͒͋͗͋͊̓̈́͑̇͆͌̉̑̄͆̉̈̈͋͆̓͘̚͘̕̕͜͜͜͜͜͜͠͝͝͠͝ͅ尽̵̢̨̢̡̢̝̬̭͓̝̼̖̮͕͉͈͇͍͔͙̓̎͛̃̉͊̓͑́̂̏̎̾̾̄̔͘͠く̴̢̛̘̫̱͍̘̜̙̤̖̘͔̼̳̹̬͎͉̱͎̣͎͎͙̻̖̳̖͉̭̇̿͑̿̓͋͑̔̔̏̆̽̀͛͋̇͛́͗̄̀͂̑̏̆̊̓̀̑̀̽̌͛͒́̃̀̍̽̈́̔͌͑̽̅̓̓̏̏̀͐͆̂̊͛͌̽͋͒̎̎̾̓̒̉̏̽̿̀̆̈́̇̓͂̓̈͆̐͂̈́͒̾̑͛́̀́̏̅̏̈͘̕͘̕͘͘͘͝͝͠͝͝͝͠͠し̶̧̨̨̡̧̢̢̛̛͚̭̗̪̪̼͙̮̣͍̝̗̣̭̣̦͍̳͇͉̺͙̯̩̖̪̹̫͎̼͈̮̮̼̼̞͎͔͎̖̱͖̠͖̟̦͍̤̦̻͓̲͔̙̱̭̞͍̦̺͍̱̬̱͙͉̰̣̰̠͇̣̗͙̫̖̂̿͂͛̽̅̂̏́͆̈́̀͊͛̌͆̌͆̿̆̆̈́͑̆̂̏͂̅̾̿̋̓̄̒̆̓̈̋̊̇̀̐̾͊̅̊͑̊̎͋̍͑͐͛̋̈́͑̆͌̌͐̏̈́͗̈́̾̾͐́̑͋̏͑̂̔̿͆̃̈̍̌̽̔͑͗́̆̍̐͆̊͊͌̿͌̇̊͑̊̿͐͐̈́͂̃̃̎̄͒̀̄̀̽̏̄̑̒̂̾̿̂̾̄̾̐̍͌̾͆̾͐̿̇̌͛̕̚͘̚͘̚͜͜͜͠͠͝͠͝͝͝͝͠͝͝ͅ外̵̢̨̧̢̡̢̧̨̧̧̡̡̡̧̧̡̡̡̛̛̛͚̠͓̘̝̪̝̳͍͓̖̪͓͈̫̬̜͔̙̲͎̭̗͙͇͉̺̼̱͙̳͖̤̲̙͓͓̻͔͚̤̝̖̫̺͔̣͔̟͓͈̮̜̰͕͈̖̤̙̘̣̗̼̦̦͓̲̠̫̼̤̯̻̣̼͎̭͕̬̝͍̹̰̦̫̘̞̳̫̲̭̖̼͉̝̠͇͖̩̣̳̺̗̻͍͓̬̰̤̬͙̰̹̖̤̹̘͉͚͙͓̮̪͚̺͇͈̹͛͑̿̽͊̄̈̃̃̓̆̏͊̂͊͆͊͑͗͊̅̄̑͛͒̃̂̏̔̈́͆̈́͋͒̐̈́̄̈̑̈́͒̉̅̑̅́̒͑̆̆̔͗̾̃͊̋̈́̔̃͋̓̐̍̔̍̐͌̔̑͐̂͌̊̽̓̋̽̇̒͐̋̽̋̐͋͋̽̔͐̌́̚̕̚͘͜͜͜͜͜͜͝͝͝͝͠ͅͅͅͅ交̸̧̨̡̛͇͔̞̹̤̙̜̘̘̹͔̥̩̼̭͍̮͕̫̝͈͙̫͎̘̮̘̦̙͈̜̰̫͛̈́͗̀̅́̋̒͒̓́̿̈́̀̅͒̄͑͛͑́͗̓̈́̈́́̅̇̇̇͂̾̈́̌̎͑̅̊̐̃̽̿͆̂́̔̓̓͛͂̅̋̚͘͜͝͠͠͝͝͠͝ͅͅͅで̸̨̡̢̡̡̧̨̧̛̞̱̼̤̟̦̻͉͙̖̟͙͇͈̱̻̣͕͕̮̘̮̣̰͈̙̮͕̥̭̤̱̭͔̠͖̭̞̫̞̲̬̱̣̣̙͙̯̬͙̥͈͓̮̯̺͕͚̗͍͔̜̏̅͗̾͑̃̂͋͆͊̉͑̉̂͋͌̒͐͆̎̍͂̈́͂̅̌̄̐͒̏͆̀͋͌̂̀̆͐̎́͊͑͋̈̋̀̋͌̂̾̐͒̾͗͋͂̍͒̒̅̀̉̄͒͌̈́̉͗̌̔̇́̀͊̒̈́̅̾̑̐͆̓͐̈́̓͒̓̆͌̈̇̂̓̽́̒̓̍̎̇̈́̾̃́͆̒͐̍͛͘͘̚̚͘̚̚̕̚͝͝͝͠͝͝ͅア̷̡̢̢̧̨̢̢̡̧̧̡̡̡̧̢̨̨̼̜̙̮͎̳̦̣͙̮̼̪̤̺̯̼̖̩͈̹͔̜͈͓͖̠̩̤͚̟͍̮̘̳͔̘̩̟̱̯̘̗̺̗̘̱͚̲̲͚̙͈̰͇̲̪̣̻̟͇̤̺̣̭̻͕͉̭̻̰̬̲͚̹̮͍̪̻̯̱̜͔̯̲͇̫͓̣̫̫̦̺̼̼̳̩͍͍̯̬̬̣͎̘̩̗̻̖̯̯̩͈̦̯͈̙̥͙̜̣̫̲̠̭̱̣̠͖̣̲͈̜̱̭̬͉̗͚̠̝͌͑̓́̒̇̈͗͂̍̊̉̽̈́͑̔̆̓̽̅͂̉̇̔̀̿̉̊̽͘͜͜͝ͅͅͅͅメ̸̨̢̢̢̢̨̧̨̛̛̛̛̠̼͚̜͖̝̼̮͙̺̙̱̲̭̲͖̦̺̼̭͉̥̟̫͖̤̙͖̯̺̫͖̺͎͎̦̝̹͕̙̳͔̤̪̬̺̼̲̘͎̂̍̇̔͑̊̓͆͆̔̒̆͆̈́͑̄̍̒̔͒̒͒̓͒͑̂̈́͑̓̅̂̔͐̽͋͛͛̏̊̒̒͆̆̅̆̀͌̎͋̌͆͊̀͆̄̽́̃̈́͂̏͆̋̔́́̑̆̃̔̆̍̇̽̏͐̇̈́͋̐̈͂̒̈́̍͆̿̎̏̒̉̀͊̑͂͑̈́́́͌̓͂̐̓̎͋̅̄͆͌̉͂͌͑̉̑̄̀̈́͛̄̓͑͊̋̅̍͊̈̐͑̓̚̚͘̕̚̚͘͘͘̕͘͘͘͜͝͠͝͝͝͠͝͠͝͠͝͝͝ͅͅͅ公̵̧̢̢̡̢̧̧̧̧̧̢̧̣͇̳͚̪̲̼͉̠̪̥͚̮̞̲͍̱̘͓̱͓̘͚̭̦̭̙̜̪͉̻͚̝̗̤̳̼̲͉̥̦͇͈̜͍͎̥̞̠̠͓͔̪̦͉̭͎̝̝̭̼͇͖̩͔̞͕̖̳̭̦̞̮̞͕̘̺̞͙̟͔̯̠͙̙̦̱̗̯̝̬̘͚͈̰̩̺̟͎̱̞͓͔̗̹̺̊͋͑̽̓͋̓̊̈́̔͒̀̀͂̅͒͊̂̈́̅͐͒̒͆̈́̉̂̔̔͋͗͌̍͊̊̀̐̓͋̉̀̊̐͒̐͊̒̀͘͜͜͝͝͠ͅͅͅͅͅ露̷̡̨̦͕̜͖̺̗̱̺͚̙̫̮͍̯̖̖̥̹̪̖͍̝̜͎͕̺̰͉̭̭̥̱̳͔͖̼͍̖̯̗̹̦̲̼̙̖͓̹͔͕̰̃̇̀̆̃助̵̧̨̢̧̡̨̛̛̛̛͖̭̤̰̰̣͉̭̱̫̟̳̪͕͉͙̲͚͇͈̫̣̫̘̙̭͍͈̲̬͙̝̦̬̪̪͍̞̺̱̯̦̰̬͎̰̥͖͔͙̩͖̰̯̫̺͓̲̰͎̹̱̟̙͍͇̣̦̱̲̠͈̣̞͕̺̮̩̳̮̥͙̫͈̞̖̟̳̜̼͙̞̻̯͚̀̓̄͌͊̀̐̎̎̏͗̎̒̈́̏̒̄̾̑̑͗́̈̄̄͋́̍̀̓͒̈̂͋̑̽͛͗̏͂̆͆̚͘͘̚̚͘͜͜͜͝͝͠͠͠͠ͅの̴̧̡̢̢̡̡̨̧̧̨̢̨̡̛̛̛̛̫̦̼̺̱͕̜̭̻̱̥̘̘̖͕̗̘̟̩̫̻̫̻̭̻̬̼̥̮̘̗̰͍̮̞͎̺̪̪̫̹̠̞̮̞͕̬̰̼̫͚̲̩͖͚̩̞̼̮̪̞̼̟̦̝̙̯͈̩̞̌͆̃̐̔͆̽̾͗̍̅̏̍̾́̀̿͛̍́̓̆͛͌̋̇̀̆̔̀͌̐̎͗̿̓̈́͐͛͒̅̿̂̉͊̉̄̉̄̇͂̔͌̂̉̓̑̅̊̓͆͛́̓̃̈́͊̿̎͆̐̉̓̀̿̈́̽̍̑͐̽̏̇̍͊̾̾̽͒̉̿̋͑̀̆̏̏͒̒̀̉̄̅͛̄̈́̇̉̇̓̉̌̃̀̚̕̚̚̕̚͜͜͠͝͝͝͠͠ͅ世̵̢̨̧̧̨̛̛̛͙̫͈͓̩̭̬̭̭̗̤͇̹̩̻͉̬̳̗͖̘̠̣̘͕̱͔̙̝͖̦͕͍̤̭̞͚̖̰̱̮̖̥̮̥͖̣̯̰͙͚̠̮̮̦̪͉̰̱̞͚̏̑̊̽̑̓̍̈̎̇̄̔͛̍͊̍͊̃̈́̂̐̌̋̾̆͂̾͛̄͊̀́̆̈́̀̔͌̈́̔̏̉̋̊̓͐̃͂̈́̍͐́͒̌̈̅̾̈́̂̒̀͆͐͌͂̋̈̂̄̈̂̀̃̄̈́͗̈́́͊̂͐̑̈́̓̕̚̚̚̚͘͜͝͠ͅͅͅ界̷̧̨̧̢̧̧̢̡̛̖̱͉̥̼̳̦̬̣̤͚͍͓̲̖̣̹̭̝͈̲͙̲͚̜̝̘̝̺̺͈̯̹̳̪͚̙͔̪̩̭̺͍̦̟̻̟̣̯̖̰̞̫̻̙͎̤͔͈͇͎͚̺͕̖̱̯̩̣̹̦̖̯̬̲̞̱̯̜̞͓͕̞̱̖̱͙̭̼͎̠̖̟̭̗̺̪̪̱́͂̊͊̒̆̈͛̍͐́͑̒̀̋̈̓̽̾͒́͐͗͒̒͛̌͂̆̇͑̅̍̓̅̀̔̃̑͑̉͒͗͐̾͂̍̐̅̎̍̊̆̀̈́͐͛͑̏̓͆̆̈̑̔͐͛͗̂͂̋̋̌̑̄̔̐̀̈̓̏̔̓̒̾̍̔̉̾̋̊̿͘̚̕͜͜͝͠͝͝͝͠͝ͅに̶̨̧̡̧̨̛̛̛̲̼̤̼͈̰̼͙̹̼̰͇̗̱͇̥͎̬̫̲̣̠̘̙̜͎̲̤͍̼̬͕̝̣͒̓̇̋͂̏̽̿̌͆̆́̀̌͑̌̂͛̐̂͌̒̅̌̓͌̋̋̀̈́͛̌̀͂̉̎̒͑͆̄̎͗̽̽͐̄̎̏̓̈́̂̂͗̇̔̒̑̔͛͗̒̉̾͂̏͛̆͆̊̓̃̃̓̓͐̊̉͂̋͆̆̒̓̂̋̍̉̓̈́̑̋͒̌̑̋̐̊́͒͆̑͗͑̕̕̚̚̚͘̚͘͘͜͜͝͝͠͠͝͝͝͠風̵̨̢̢̛̛̛̛̛̩̩̥̣̱͚̼̖̱̯̻̭̳͚͖̲̠̦̝̪̮̱̰̯̰̜͉̂̈͐̋͊́̊͋̓̍̏͋̏̎̆̈͛̿͌̑̑͗͊̔̆͆̎̎͛̀́́̀͒͌̇͆̂̐͂̿̐̒̋̓̽͊͑̎͊͒̀̇̂̀̐̈̇̍́̿̎̌͐̋̂̊͂́̿̇̀̂̀͆̌̂̄̊̍͋͆͒͐̽̎̂̏͐́͐̈́̀̍̇͆̕̚̚͘͜͝͝͠͝͝͠ͅ穴̸̧̧͉̺͖̰̠̝̞̮̥̟̱̦͇͚̰̮̯͈̣̯̞͇̐̍͆͝を̴̧̨̡̡̧̨̢̢̢̧̡̧̢̛̛̳̯̬͍̮̫͉̫̩̥̩͚̻͕̝̜̟̞͖̤̺̦̻̠͎͈̣̲̺̲͕̥̙̥̯̗̥͉͕͖̣̮͙̬͇̻̪̥̪͍̟̻̟̝̹̘̗̫͖̺͓͙̰̖͎̳͎̜̘͈͈̩̪͔͉̤̱̲̬͎̯̲̗̫̩͕͚̟̭̈́͊̉̈́̏͂̃́̑̑̾̽̀̅̆̏͌͒̈́͒͑̈́̐̌̃̈́͑̄̏̏̔̓̆̑́͘͘̕͜͜͜͝͝͠͝ͅͅͅあ̴̡̢̧̨̡̨̢̨̨̧̧̢̧̨̨̨̢̛͉̰̥̩͚̬͚̞͚̞͚̦͖͙̳̮̩̮͖͎͙͇̭̭̯̳̫̳̤̼͕̗̱̹͔̠͎̝̳̖̯̼̟̲͕̪̳̫͉̥̥̻̭̠͈̯̤͕̝̼̠̖̩̣̺̪̲̜̰̣͍̘͓̯͉͇̩̮̳̰͕̼̬̮̣͕̣͍̲̲̭̮̙̗̦̻̠̩̦̠̩̜̘̱̇̃̄͌̾̑̏̂͒̎̄̐̎͜͝͠ͅͅけ̷̡̠̞͔͇̠̭̞̪͔̬̣̣̦̘͇͇͎̪̣̯͓͈̼̰̝͇̹̮͈̱̬̟͍͎͉̠̞̬̝͙̳͎͉̠̱͈̥̗̹̟̖̥͔͈̥͓̪̯̹̘͎͂̿͒̍͛̊̃̔̆̔̾̃̽͐̓̊̉͛̎͂͒̇̓͑̓̍̀̾̔͜͜͠ͅる̶̧̨̧̨̢̡̧̡̢̧̡̢̨̢̨̢̨̧̨͙̹͎̬͉͍̹͉̻̞̞̮̗̯͇̗̱͕̻̥̗̗͖̟͇̬͎̙̦͇͉͚͎͇̪͔̼̮͈̪̠̜̥̝͍̖͍̘͈̞̦̞̗̬̳̭̞̰͔̱̭̖͉͕̹͔̙̠̤̝͖̲̮̤̖͖̗̬̦͚̤͖̜͇̯̭̞͖̹̻̰̮̳͎̘̬̥͚͚̟͚̤̳̫̼͚͉̠͍̭̣̺̳͈̟̳̦̥͙̫̦̭̮̰̯͈͓̲̲̫̟̱̫͚̣͚̲͈̤̲͖̖̜̩͎͈͚̞͓̣͓̳̩̳͖͆̆̋̈́͆̔́͗̀͆̆͊̀͋̇̂͂̀̃̈́̏̽̑́̒͋̆̿̂͂͊̓̉͐̈́̍̀̽̾̈̓̿̐̓̈́̿́̓̂̏̓̔̅̅̑̔̓̏̀̈́̾͊̄̎̅̒͒̓̈̏̌͒̾͊̄͘͘̕̕̚̕͜͜͜͠͝͝͝͠͝͝͠͝͠ͅͅの̸̡̧̨̡̛̻̯̤͙̺̙̮̖͇̮͓͚̪͔̰̥̝̘̬̠̥͍͈̝̗̱̆̓̿̃͑̀͋̑̅̀̐͆͑̍̽̍̋̀̏̿̒̿̑̀̽͆̉̈̿́̿̀̌̾̓̈́̑́͆͗͗́́̈́͋̔̽͊̃̑͗̇̌̌͆̅̉͆̐̈́͒̏̒́̄̿̓̽̑̅̄̔̉͂̾͐̈͂̐͛͗͐̓͛̅̂̈̇̎͒͆́̂̀̅̀̏̿̇̑̆̊͐͗̒͗͋̌̋̇̆͌͑͐̕̕͘̕̚̕̕͘͘̚͠͝͝͝͝͠͝͝͠͝͠͠͝で̷̢̢̡̢̨̢̧̡̢̡̡̛̛͙̘̻̲̤̣̪̞̘̻͉̤̲̺͓͉̥̟͈̣̖̼̰̻͚̭̬̥͕̭͈̪͇̣͈̝͇̠̖̞̠̯̖̯̳̩͔̩̯̼͎̭̝͇̼̼̖̩͓͉̫̖̫̍̋̉̆̂̓͌̏̏͗̔͗̓͒̀̈́͊̀̏͊̽̎̇̐̆̄̍́̇̐͋̎̐́̋̈́̌͑̓̇̑͂̍́͊̇̊̇̎́̓́̍̽̅́̈̅͒̀̈́̍̊̒̓̐̐̊̓͒̔̎͗̆́̂̍̿̏̓́̌̅̈́͌́͋̎̈́́͊͂͆̓̃̈́̀͐͑̽̏̏̒̍̓̽͂̓̄̓̒̋̽̅̿̕̚̚̚̚͘̚͘͜͜͠͝͝͝͝͠͝͠͠͝͝͠͝͝ͅあ̵̨̧̡̡̧̧̡̧̡̢̛̠͇͓̞̟̫̰͓̙̺̝̻̳͙̭̩̻̞̫̜̥̬͕͙̟͖͕͖͈͍̙͓̰̤̥̣̪͚̤̳̙̟̻̘̖̣̹̥̺̝̭̘̰̫͍̺̜͎͈̫͎͈̤͈̜̻͔̹̩͍̟̫̜̟̞͍̦̰̣͓̤̺̣̺͚̻̩͔̟͙͎͍̹̞̦̣͍͚̜̮̩̤͈̬̫͓͕̭̳͖̪̜͈̓̆͋̽͌̃̌͊̓̿͗͛̋͊̑̿̂̔͌̊̿͒̅̎̽̈́́̏͌̔̓̄̓̄̈̑̒͘̚̚̕͘͘͜͝͝͠͠͠ͅͅり̷̨̧̛̛̛̬͍̥̼̬̜̘͍͚̺̺͕͈͍̯̦̣̦͍̰̪͎̯͍̙̬̖̯̮̗̩̬̦̳̼̯͉̠̠̿̎̏̀͑͊̈́̈́͋͒̉̄͂́̏̿̈͒͐̆̿͐͂͗̏̊̈́̎͋͆̍̑̾͑̂̋́̽͊̂̔̓͆̄̀̂̑͌̉́̊͊̍͒̃̃̃͋̄̾͐̏́̓̊̂̀͋̋̈́̊̀̈́͂͒̓̊̀͑̓͌͛̉̐̆̉̃̅̏́̅́́̉̇̐̇͒̌̈̽̌̅̈́̽̏̈́̄̒͘͘͘̕͘͘̚͘̕̕͘̕͝͝͝͝͝͝ま̷̢̡̡̢̧̢̡̡̡̡̡̧̨̢̧̛̛̛̛͕̳̫̳̩̱̤̰̳̳̖̰͈̬̱̹̫͓̥̭͈͓͇̲͎̗̭̜̙̬̩͕̼͔̝̤̹̫̼̦͕͚̰̫̭̝̰͉͙̖̬͎͚̼̪͉̫̗̘͔̭̳͎̱̝̰̼̩͓͍͔̭̬̤̬̩͉͎̘͓̙̮̬͈̘͓̭̪̩̘͈̲̦̖͍͉͊̍̈́̀͆͌̒̾̈́̊̏́̑̈̈́̏̓̅̅̊͛̏̄͆͒̎̆͊̓̆́͊̐̽͌̎̋̈́̈̉͌̈́̓̄͋͘̚͘̕͜͜͠͝͠͝ͅす̵̡̢̢̨̡̢̡̨̛̛̛̛̛̛͕̤̬͔̰̩̯͉͚͚̦͎̯̮̮͖̫͉̮̯̯̻͕̦͙̟͉̟̘̲̻͔̜̥̹̹͙͍̻͔̹͇̤̙̦͇͖̱̙̱͕͔̟͍̬͓̭͕̲̗͎̩̬͍̮̜̫̪̪͚̱̗͍̱̗͔͉͈̺͖͖͍͚̖̠̬̺̝̖̙̫̘͉̜͔̺̥̳̬͕̬̜̥̼̳̼̗̮͈̳̬͙̯͒̾͛͆̔͒̐̒̇͋̅̓̐̔̿́̇̅̊̃̂͑̅̏̊́̅͆͒̀͌̉̈́̅̋͑̏͛̒̇̽̿̊͛̾͋́̔̈́͐̒͋͗̊͑̇̔͗͂͗̑̆̍͗̆̍̾̽̓́̑͆͐̈́̇̔̀̂̍̽́̈͑̋̂̀̓̊̄͒̚͘̕͘̚̕͘̕̚̚͜͜͜͝͝͝͝͝͝ͅͅͅ。̶̨̨̡̛̛̛̛̲̥͉̹̺̪̖̩͈̹̼̞̹̻̳̣̘̘̯̰͚̻̭̤͓͔̰̲̹̱̼͊̂̂́͂͋̽̉̍̾̔̐́̂͂̒́̿̐̾̅̌̀̎͗̒̿̒̀̋́̈̒̃̔̈́̔̈́̀̑́́̽̽͛̂͂̍͒̈́̋͊̾̍͐̐̓͑̈́̿͌̉͐͐̓͒̑̃́̉̂̂̎̍͐̃̑̈́̀͗̋̎̓͆̒̆̒̓́̓̐̏͒̏͌̌̉̓́͂̓͐̆̒́̋͊̋̿͊̈́̑̿́͒̎̈́̀̐̊̽̋̃͐͑͋̉̀̄̃̍̆̋͒̏̑̍͌̓̋̿̉̄́̌̓̒̆͒͌̊̆͘̚̚̕͘͘̚̕̕͜͜͜͝͝͝͝͝͝͠͝͠͝͠͝͝͝ͅf̵̨̧̢̨̢̢̢̧̡̡̡̨̢̨̧̡̡̨̡̛̛͚͈͓̥̞̞̘̤͖̳̤̥͍͙͎͕̹̹̤͓̹͕̙̟͓̻̬͔̖͇̯͕̬̜̣̜̗̞͎̺͕̪̩͎̘̜̬̰̠͓̟͓̝͉̪͕̲̰̥̟̮̝̲̗͚̟̲͈̰͖̟̰̺̲̰͓͕͉̗̰̟̪̣̼̪̤͉͕̰̹͉̼̟͔͎̬̹͔̺̠̠̮̯̣̼̫͎̘̩͓̝̺̞̜̯̺̘͍̬͖͔̪̟̗͈̺͎̻͈͙͔̤̹̼̮̲̞̬̤̳̙͇̳̯͚̟̠̪̙̬̟̦̤͉͇͉̲̰̯̮̲͈͛̈́͌͆̃̅̈́̌̒͂̋̊̔̑̈͂̑̅̐̿̈́́̾͒̑̇̒̓̎̍̓̄̇͋̿̿͐̊̒̒̂̏̒̈́̌͆͑͒̆͂̌́̆́̂͆̎͆̇̄̑͛̈́̓̓͋͛͊̿̇̃͑̅̓͂̑̐̊̀̓̇̇͆̈́͂͊̆̈́̂̑́͋̈́͋̅́̑̉̾̏͆͆́̆̀͂̽͗̾͛̀̋̀͂̓́́͒̓̇̂̓͋̏́̓̑̑͗̔̈̈́̆̈́́͌̽͐̾͒̿̔̍́̒͆̈̚̕͘̕̚͘͘͘͘̕̕͘̚͘̚̕͘͘͠͝͝͝͠͝͝͠͝͠͝͝͠ͅͅͅư̴̢̧̡̨̡̨̢̨̢̡̧̧̛͇̦̺͙̥̳̼̺̞͉̣͕̱̝̩̠͙̙̰̤̬̬̳͖͖̬̞̠͇̗̱̳͈̖͓̱̯̙̳̳̠̱̼̟̹͈̘̻̝̮̘̭̘̭̮͈̥̜͍̩̠̜̠͈̟͓͕̖̘͙̠̞̱̬͓̗̫͉̳̯̯̺̩̪̖̪̩̞̤̣̤̻͕̱̞̟̘̺̯͎̖̹̻̬̦̜̺͇͉͔̰̬͈͚̦͈̟͉͚͙̲̺̹͖̩͈͙̲̏̀̅̈́̈́́̇̄̋̈́̊͑̓̓̂̅̐̐̂̎̐̔͌̄̆̿̿̉̄̐͐̈́͌̋̉͌̊̋̑̂͊̀́̽̑̒̒̏̿͒͊̔͑̒͐̿̔̔̇͗̉͗̎́̊̋͌͒͌̅̆̈́̂͒̐̓̄͌͆̂͋͂͊̍͌̋͐̓̅̋̊̈́̀̇̈́́͆̈́̈͌͐̕̕͘͘͘̕̚̕͘͘̕͜͜͠͝͠͝ͅͅͅͅͅć̷̡̛̫̣̟̯̳̺̲̪͖̫̱̻̇̈́̀̾̾̍͐́̔̿͆͛̿̀̂̈́̓͛̒̐̆̄͛̂̑͘͜ķ̵̢̧̢̡̛̩͉͕̼̱̰̦̯͈̞̩͎̣͕̹̩͖̲͚̠͙̥̮͈̰̰̱̰̙̭̘̖͇̘̩̥̲͙̦̜̜̘̹̤͍̰̤͍̯͙̘͉̻̘̰̖̬͔͍̟̙͓͎̙̯̹̼̝̗̦͙̺͚͔̲͇̰͎̽̌͐͋̈́̍̽͑̓͋͂͂́̅̌̑̽̀̆͆̓́͛͋͑̒͐̿̂̈͗̏́͒̌͂̓͗͆̏̋͂̅͐̃͗͐̐̄̍̒̓̐̈́̓̍̈́́͗̏͊̊̂̀͒͗̽̈́̂͐̓̏̈́̓̈̿̋͆̏̇͛̐̈́̀̎̈́̿͐̀͑̑̾̋̈́͆̎͂̽͋̄̒͌̈͐̑͑̓͘̕͘͜͠͝͠ͅͅy̶̨̢̨̨̢̧̧̘͓̭͎͖̤̪̱͓̣̗̱̭̺̼̬̜̺̗͕̘̪͖̩̘̻͇͍̳̼̺͍͕̝̯̥͓̗͎̺̬̺̰͇̤̟͇̹̣͍̫̰̩͕̰̹͚̯͇̣̹̯̯̹̮͇͖̯̳̞͈̖̝̻̘̭̓̏͜͜͜͜ǫ̶̢̨̡̛̻̯̞͓̯̳͍̯͉̜̩̰̟͙̹̳̏̔̈́̓͒̾̈́̒̊͛̔͛̆́̇́̋͊̅́͒̽̇͐͒̍̊͑͗̋͗̈́̽̾̅͗͐͛̒͒̽́̎̄̉͛̀̿̈́̃̋̋̏̈̅̑̿̓̅́̀͂̓̈́͊͗͗͑̇̈́͐̌̈́̊̇͆̉̈́̓̀͒̓̉͂̒̓̏͊͛̂̔̍̒̀̔̈̉̈̈̀̓̏́̾͂̑̄̈́̍͒̂̀̉͆̒̌̔̎̒̀̌́̇̏̈̂̓̈́͆̈́̐̌̌̿̇̅͋́͘͘̚̕̕͘̚͜͜͠͠͠͝͝͠͝͝͠͠ư̸̡̧̨̛̛̟͈̹̩͖̹̻̯͎̬̥̱̻̭̫̝̝͉̜̭̜͓͔̘̯̮̳̲̞̝̗̮͓̭͓͙̦͈͍͓̣͎̹̜̲̻̲̗̪͈̣͉̣̈́̔̉̎̔̄̓̀͌̃̀̀̽̏͌̇̄͂͛̂̌̓̀͋̈́̽̑̓̅͆̅̅̃̈́͗͊͗̇͛̏̒͗̊͂͋̒̈̿̓̔̃̿̎̌͐͋̄̿̊̓̔̃̈́̏̌͋̿̔̃͌̓̈̾͌͑̐̂̅͛̓̽̍̾̀͆̎̀̆̈̈́̔͑̓̑̈̉̓̒́̇̀̈́̆̑̔̓͌̏̌͑̂́̌͑̐̄͂́̔̓́̿̂̍̀̽̇͐̓̂̄̆̀̋̓́̿͆̈́́̽͌͆̈́̎͂̈̒͐̂̑͐́̿̕͘͘̚̚̕͜͜͠͝͝͝͝͠͝͝͠͠͠͝͝͠͠ͅの̶̧̡̢̡̢̡̢̨̡̢̨̛̛̘̼̲̙̩̪͔̲̲̬͙̘̖̫͔͙̦̤̰̰̬̲̳̗̳͉͍͚̦͕̤̱̯̙̝͎̹͙̰̺̞̝̪͚̯̱͓͈͈̙̦̜͉̣̞̣̹̫͓̲͉͈͔̙̮̩̩͇̦͚̺̘̪̬̰̼̞͉̹̼̹̞̙̻̯͕̟̻̙̩̬̥̗̘͍̖̦̮̗̣̲̮͔͎̩̫͇̦̙̮̺̱̺͇̳̺̜͍̱̘̫͍̜̤̫̻͓̬͍͓͔͔̬̊̋͊̆̓̃̑̋̀̒́͊̈́͛͐͗̿̂̏̑̋͋̽̈́́͂̎̍̊̑͆̅̀͒̿̆̈́̍̀̀͆̒̽̑̎̆͆̈́̎̈̋͌̏̌̊̑͒̈̑͌̆̓̀̎̓̋̓̅̐̀̒̐̒͊̆̊̒́͛́̎̃͋̃̈͒̓͗̈́̀̉̈́̓͋̎͋̈́̾̋̂́̈̎͗̍͊̃̾̀̑̀̆͋̎͗̀̽̿̀́̑̒̚̚̚͜͜͜͜͜͝͝͝͝͝͝͠͝͠͠͠͝͝͝͠͝͝ͅ号̴̧̢̡̨̧̡̨̢̧̢̨̢̛̛̛̬̮͈̹̺͎̻̖̖̜̲̮̘̰̩̫̪̩͙̦̘̭͈̞̝͓̩̤͕̲̩̜̗̲͓̯̦̜̙̙̠̯̟̣̙̗̥̥͖͉̬̬̫͈̱̤͎͈̯̪̥͙̥͉̺͈̺̜̘͖͓͔̬̳̣̘̗̩̫͈͕̰̮̮͓̩̺̭͎̮̦͇̩̺̘͖̩̗̻͎̗̻̖͇̘͕̱̼̝͙̯̙̮̲̜̫͕̳͔̗̖̘̭̈̽̉́̅̅̾̐̅̃̓͌͑̅͂̄́̊̀̾̿̓͛͛̈͐̊̎͂̑̄̏̎̈́̆̊̎͌̾͒̂͛͐̇̓̔̌̒́̊͊̀̄́̈̀̅̀̅̆̅̿̓̇̊͐͂̾͆͐̌͒̎̅̔́́̈́͐͐̓͆̉͋͂̃͛́̀̃͂͌͛̄̓̈́̽̒̊́̆̅̎͋͂̋̐̏̄̉̈́̀̐̀́̄̉́͗̽̈̾̀̕̕̕̚̕̕̕̚̚͜͜͜͠͠͠͝͠͠͝͝͝͠令̷̨̡̨̛̤̞̲͔̤̯̱̥̠̫̣̜̫̗͔̼̮͕̣͇̰̗͎͎͍͖͚̩͍̖͖̠͙̳͉͙̲̯̖̻͍͕̪̲͖̯̗͇̅̀̎̽̓̅̃͊́̔̃̀̒͐͊̀̈̽͐͆͆͆̔̃̄͂͗̔́̍̉̾̆͑̀̀̊̽͑͋̔̿́̅̂̍̑̋͒̒̈́͌̓̚̕͘̕͜͠͠͠͝ͅͅの̴̨̧̡̡̨̢̢̨̡̧̡̛̛̭͉̥̥̯̺͔̞͚̝̲̖͎͈͎̝̠̦̜͖̫͙̹̼̘͈͍̯͕̙̰̘̫̠͙̠̱̭̩̱͇̭̙̳̮͇̞̺̟̱̥̙̫͍͎̤̪̮̣̘̜̲̠̠͚̲̣̖͕͚̰̭̯̹̼̹̭̳̤͓̣̯͕̯̭͓̩̟̹̙͓̫͕̜͖̟̮̰̮͍͚̬̮̠͈͚̟̫̱̲̝̳̞̘̭̼̮̙͎̟̜̩͉̜̪̗͈̜̺̰͉̭̝̬̩̼̲̌̋̈̄̅̅̒̀͋̎͒̈́̅̅̔̋͐̾̓̽́̓̐͗́͆̏͊̉̒̓̿̆̈͐̿̈́̋̀̓̅̍́͗͛̈́̄͒͆̉̌̓́̄͂͑̅͛́̄̚̕̕͜͜͠͝͠͠ͅͅͅͅͅͅͅ元̵̨̡̨̢̧̧̨̢̧̢̛̛̛̛̰̗̖̬͚̭͔̪̣̠̝͇̫̱̞̞̗̺͕͕̟̣͖͈͉͙̗̦̖̠͕̣̣͍̩̼̮͎͍̤̺͖͖̫͚͙̗͙̞̗̙̰̲̠͚͎̞͈̪̠̟̜͉̹̩͓͕̪̻̭̬̙̯̟̄̓͊́͛͌͒͛̈́̓͒͆̃̏̄̽̄̔́͛̐̏̏̈́̾̂̽̀͌̂̆͂̒̇͋́̏̉̓͆̀̓̂̃̍̾̿̐͐͊̋̂̎̄͛̍̅̎́̽͊͂̈͑̍͛̌̀̓̈́̓̎͆͆̽̈́̄̐͘̚̚͘̕͘̚̕̚͘͝͝͝͠͝͝͝͠͝͠͝͝͝͠

日本国憲法 第二十一条

集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

まー