暴力がこわい

過日、勤務先の新人歓迎会に参加させていただいた。社員のみなさまと、自分と上司含む出向組みも仲間入り。十数名でゆるゆると時間を過ごした。2~3箇所に人溜りができて、ちょくちょく人が移動して、まあ普通の飲み会で。そこでとある事件が話題になった。ちょっとアレなので詳細はこんなところでは書けないんだけど、自分だったらそんなおおごとにはしないかなと思った。それは他の人たちもそうで、いや、というか一般的な人だったら自分と同じ対応をする筈だ。公共の場所では大人は善意を以って行動するべきだし、残念ながら東京と言う町ではそのようなストレスに活きのいい反応をしていては腫れ物、危険物あつかいなんだ。故にみんな大人しくしている。それを我慢と呼ぶかは人によるだろうさ。それでもそういうトラブルはどこででも目にするものだけど・・・。

「そういう系の人を刺激すると、刺されちゃったりするじゃない」

40歳ほどの社員(B)の言葉に、努めて冷静に「ああ」なんて相槌を打ったものの。どきりとした。ウーロン茶が一気に冷えた感じ出した。ここでいう「そういう系の人」とはある事件の当事者、社員(A)によると、アキバ系の範疇とのこと。この意見自体は全く間違ってはいない。実際に微笑んでうつろな目でもごもご呟きながら歩いている人間と言うのは存在するし、休日に秋葉原にでも行けば(今は知らないけど半年ほど前は)そういう人の後に続いて警官が尾行していた、なんて良く見たものだ。それが知っている人だったときの衝撃がふと蘇った。

そういう、わたし個人の事情はともかく、「刺激すると刺される、だから貴方(とある事件の当事者である社員(A))は慎むべきだった」という、先に挙げた社員(B)の意見のトリガーが、「その人がアキバ系に見えた」という情報だけだったことにどきりとした。実際には当事者以外誰も見てないのに。それに同調するその社員(B)の同期。「いやほんと危ないよ」ですと。トラブルを起こした社員(A)の「アキバ系っぽかったから、つい」という発言が咎められる事はなかった。歓迎会の席ですものね。でも、これが例えば「肌の色が黒いから」という理由だったのは、何年前でしたかしら。

暴力で解決を試みるならば、暴力で購われるのは当然で、アキバ系だから危ないんじゃない。スーツにネクタイのキチガイなどいくらでも見たことあるだろうし、俺だってそんな理由でそんな対応されたら暴力に暴力で応えますよ。まあ俺はアキバ系ではありませんしい、そんなことよりも善良なる社会人でえええありますからああああーじっさいにはああしませんがああああああああああああああああああ

2 thoughts on “暴力がこわい

  1. 暴力だなんて、怖いですわ〜〜〜〜・・・
    皆さん無駄に元気がおありですのね〜〜〜・・・

    あたくしのような気弱でおとなしい淑女には
    とてもとても・・・

    1. 道場だったらいびってもセーフですからね!スポーツとか怖くて私のように気弱でしおらしい紳士にはとてもとても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)